カテゴリー: ファクタリング

公的融資とファクタリングを徹底比較

さて今日は、公的融資とファクタリングの比較検証をしてみたいと思います。どちらの資金調達方法が優れているのか?
本稿では、ファクタリング・公的融資について徹底比較していきます。

公的融資とは?

そもそも公的融資とは、簡単に言いますと、公的融資とは政府や自治体から融資を受ける事をさします。
公的融資は、民間の金融機関よりも比較的審査が通りやすいので、資金調達がしにくい中小企業の経営者様には重要な資金調達方法です。
 
公的融資としてあげられるのは、日本政策金融公庫による融資。
民間の金融機関からの融資が受けにくい中小企業や、これから起業をする人への融資を行い支援をする機関です。
とりわけ、創業資金への融資は積極的と言われています。
 
また、商工会議所に加入されている場合は商工会議所の紹介(仲介)によって融資を申し込む事も出来ます。
担保・保証人等の必要がなく利用できる、通称「マル経融資」は経営者様にとっては強い味方になるでしょう。
 
商工会議所の他にも、全国信用保証協会連合会を利用する事もできます。信用保証協会の保証によって政府系・あるいは民間の金融機関から融資を受けるというものです。一定の保証料を払う必要がありますが、他で融資を受けられない経営者様にとっては貴重な選択肢の一つではないでしょうか?
こちらの融資も基本、担保・保証人等は不要で利用する事が可能です。

ファクタリングのメリット・デメリットについての詳しい説明はこちら
ファクタリングと日本政策金融公庫の違いについての詳しい説明はこちら

公的融資制度のメリット

公的融資制度のメリットは以下が挙げられます。

  • 金利が低い
  • 信用がない中小企業や起業後間もない企業やこれから起業しようとしてる人でも借りやすい
  • 商工会議所の紹介(推薦)があれば担保・保証人の必要がなく融資を受けられる
  • 全国信用保証協会を利用する事により、民間の金融機関から資金調達がしやすくなる

公的融資制度のデメリット

公的融資制度のメリットは以下が挙げられます。

  • 審査に時間を有する
  • 日本政策金融公庫を利用する場合には保証人等が必要になる
  • 事業計画等、調達する資金の使途を厳しく見られる

公的融資の融資額と返済期間・金利

公的融資の融資額と返済期間・金利は以下の通りです。

日本政策金融公庫の融資額と返済期間・金利

日本政策金融公庫の融資額は、通常融資の場合は運転資金・設備投資資金においては4800万円、特定設備投資資金においては7200万円上限額となっておりますが、それぞれの返済期間は運転資金が5年以内(特に必要な場合は7年以内)、設備投資資金が10年以内、特定設備投資資金20年以内となっております。
 
金利については基準金利となっており、通常融資で5年の融資なら年率2.06%~2.55%です。

項目 運転資金 設備投資資金 特定設備投資資金
融資額 4800万円 7200万円
返済期間 5年以内 10年以内 20年以内
金利 2.06%~2.55%

詳しい金利については、日本政策金融公庫のHPをご覧ください。

マル経融資の融資額と返済期間・金利

商工会議所の紹介(推薦)があれば利用する事ができる小規模事業者向けの「マル経融資」は運転資金は7年以内、設備投資資金は10年以内の返済で融資上限額は、2000万円となっています。
 
なお、担保・保証人等の必要がありません。
他にも低金利・長期返済で利用が可能な特別貸付もあります。
 
「セーフティネット貸付」や「企業再生貸付」経営状況の悪化や災害からの立て直しなどの様々な状況に応じた融資がラインナップされているのでチェックしてみるといいでしょう。
 
マル経融資で7年以内の融資の場合は、年率1.95%となっております。

項目 運転資金 設備投資資金
融資額 2000万円
返済期間 7年以内 10年以内
金利 1.95%

 
貸付の制度や事業ごとに金利が異なりますが、一般的に民間の金融機関よりは利率が低いと言われており、民間の金融機関に比べて審査のハードルが低いのが公的融資の特徴です。
 
しかしながら、事業計画等をはじめとした調達する資金の使途などは厳しく見られます。また、必要な書類も多い為それなりに準備は必要になるでしょう。
 
その分、審査には時間がかかりますので急場で資金調達をしたい場合には不向きな制度です。

ファクタリングと公的融資を比較

最後にファクタリングと公的融資を資金調達の可能額などから比較していきます。

一覧で見られるように比較表にしました。

項目 ファクタリング 公的融資
資金調達の可能金額 月商の売掛金の範囲内 1000万円~3億円
審査に要する時間 最短即日可能 1か月~2か月位
担保 不要 場合によっては必要
保証人 不要 不要
返済期間 およそ30日~60日 1年~15年
金利・手数料 ・3社間取引:1%~5%(業界平均)
・2社間取引:10%~20%(業界平均)
1%~5%/年
審査対象 売掛先が重要視される 事業計画や経営状況など(総合的な審査)
審査の通りやすさ 債務超過や税金の滞納があってもOKで比較的審査が甘い 借入状況や財務内容、資産状況なども加味しての審査されるため厳しい
信用情報機関への登録 されない される
追加融資 継続的な利用が可能 原則無理な場合が多い

まとめ

公的融資とファクタリングそれぞれにメリット・デメリットがありますね!
 
経営者様が資金調達をする為には、まず審査に通らなければなりません。この点においては、ファクタリングは公的融資よりも審査が通りやすいといえます。
理由として挙げられるのは、公的融資は融資対象となるのが融資を受ける会社になりますので、民間の金融機関よりは審査のハードルが低いとはいえ、借入状況や財務内容、資産状況なども加味しての審査となる為厳しく見られるのに対し、
 
ファクタリングは審査の対象が、売掛先の会社が重要視される為、債務超過や税金の滞納があっても比較的に審査に通りやすいといえるでしょう。
 
ファクタリングなら、最短即日での資金調達が可能になりますので、できるだけ早く資金調達したい場合にはファクタリングの方がオススメです。
 
公的融資はファクタリングに比べて審査が厳しく資金調達するまでの時間はかかるものの金利・手数料の面ではファクタリングよりも優れていますので時間をかけて資金調達をお考えの経営者様、これから起業をしようと思っている人には公的融資の方がオススメです。
 
数ある資金調達方法の中から、このブログが経営者様にとって最適な資金調達方法を見つける手助けになれば、幸いです。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top