カテゴリー: 経営情報

資金繰り表の重要性

今日は、会社を運営していく中でとても重要な事

それは・・・・・

会社の資金繰り表の重要性についてデス。

私も社内一のスーパー営業マン(自称)として日夜お客様から色々なご相談を頂きます。

その中で思った事があります。弊社にご相談を頂くお客様のほとんどが資金繰り表を作っていないのです。(・。・;

会社の経営者たるもの、毎日お忙しいのもわかります。

が、しか~し

資金繰り表を作っている会社と作っていない会社とでは決定的な違いがございます。

その違いとはについて解説します

「資金繰り表を作っている社長様」の例

社長様 「いや~、まいっちゃったよ。」

ミノリカワ 「どうされました?」

社長様 「今月の入金と支払いの計算を立てていたんだけどね、今月は資金的に問題ないかな~って思っていた矢先に新規の受注が入ってきちゃってさ~」

ミノリカワ 「いい事じゃないですか」

社長様 「まあ、そうなんだけどね。新規の受注は計算にいれてなかったからさ~。新規の仕事を受注する為には材料代の立替やら下請けに一部お金を払わないといけないのよ。」

ミノリカワ 「なるほど。そういう事であれば是非、当社でご協力させて頂きます。」

社長様 「来月に、ある程度入金予定があるからそれで、ファクタリング頼むよ。」

ミノリカワ 「かしこまりました。早速契約に向けて準備に入らせて頂きます。」

と言った具合で話はスムーズに進みやすいです。

また、資金繰り表を作って頂けていれば今後、どの様に社長様の会社のキャッシュフローを改善していけば良いかなどの戦略等も立てやすいです。

「資金繰り表を作っていない社長様」のあるある

それでは、反対に資金繰り表をつけていない社長様の「あるある事例」を紹介します。

問答形式ではなく、箇条書き形式で書きますヨ。

1.入金は把握しているが支払いの把握が曖昧。

2.入金と支払いの調整がうまく取れていない。

3.大事な支払い日を忘れていて急な資金繰りに迫られる事がある。

4.ドンブリ勘定である。

5.請求が来て初めてわかる支払いがある。

6.何とかなると思っている。

7.自分の会社の利益率を理解していない。

8.支払いの遅れがしばしばある。

9.そもそも経理担当がいない。

ざっと、こんな感じでしょうか(;一_一)

この様な状態での、経営は大変危険です。

ですが・・・・・ご安心ください。(^^♪

株式会社No.1ではこの様な状態にある企業様向けにキャシュフロー改善の為のコンサルティングも行っております。

お1人で悩む位なら株式会社No.1にご相談ください。

株式会社No.1は、お客様満足度No.1
ファクタリングをご検討中の方はこちら

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top