No.1のファクタリング~資金調達ブログ~

ファクタリング会社はどのように利益を上げているのか? 売掛債権を早期に現金化するファクタリングという手法を用いて、ファクタリング会社はどのように利益を上げているのでしょうか。 ファクタリング会社も資本主義の元に会社を経営している以上、利益を上げなければ存続していくことは出来ません。 ファクタリングの仕組みを理解するためにも、ぜひファクタリング会社が何をしているのか、何を考えているのかを整理してみま... 続きを読む

ファクタリングに利用できない売掛債権はあるか? ファクタリングは売掛債権の取引になりますが、果たしてファクタリングに利用できない売掛債権というものは存在するのでしょうか。 ファクタリング会社は、一般的に現金化出来ない売掛債権は取引対象とはしていません。 果たしてどういった点を確認していくことで、確実にファクタリングが出来る売掛債権を見分けることが出来るのか考えてみましょう。 1.ファクタリング会社... 続きを読む

手形割引とファクタリングを比較その4|審査難易度の違い 資金調達をするためには、審査を突破しなければならないものがほとんどです。 融資であれば必ず審査を受けることになりますよね。 業者側の基準をクリアしなければなりません。 今回は手形を担保に入れた実質的な融資である「手形割引」と売掛金の売却である「ファクタリング」の審査難易度を比較してみます。 どちらのほうが審査難易度は高いのでしょうか? 少しで... 続きを読む

手形割引とファクタリングを比較その3|業者の安全性の違い どんな人もヤミ金を利用したいとは思いません。 しかしヤミ金は正当な業者を装って我々に近づいてきます。 個人だけではありません。 法人も狙われているのです。 そもそも有名な業者を利用していればヤミ金の被害にあうことはありませんよね。 しかし正当な業者の審査に通らなくなってしまうこともあります。 あまり知られていない街金のようなところに申し込む... 続きを読む

手形割引とファクタリングを比較その2|貸し倒れリスクの違い 資金調達をする時には、必ずリスクを考えなければなりません。 融資による資金調達であれば、必ず返済を行わなければなりません。 返済ができないとなると、会社としての信用もなくなってしまいます。 新たな資金調達ができなくなってしまうかもしれません。 今回は企業の資金調達方法である手形割引とファクタリングの「貸し倒れリスク」について比較します。 ... 続きを読む

手形割引とファクタリングを比較その1|コストの違いを調べてみた 企業が資金調達を行おうとするときに、比較的審査が優しくなっているので選択しやすいのが手形割引とファクタリングです。 手形割引については受取手形を利用して資金調達を行います。 ファクタリングは売掛金を利用して資金調達を行います。 そこで気になるのが手形割引とファクタリングのどちらを利用したら良いのか、ということです。 こちらでは手形割引... 続きを読む

銀行融資を断られた後でもファクタリングでの資金調達が可能な理由 突然キャッシュが必要になることや、大型の案件を控えて設備投資を行いたいといった場合に、最初に思い付くのは銀行融資でしょう。 しかし、銀行融資は審査に時間がかかってしまうことや、あるいはあまり社会的信用がない場合やキャッシュフローや財務状況がうまく行っていない場合などでは、時間がかかるどころか、最悪融資の却下・断りを受けてしまう可能性も... 続きを読む

ファクタリングは設立直後の会社でも利用できる!その理由とは? 会社設立直後というものは、今までの経験とは違うステージに立たされるため、思いもよらないような突然の出費などが出てくる場合があります。 また、思った以上に売り上げが上がらず資金繰りに悩んでしまうケースも多いでしょう。 こうしたときに、普通の企業が選択する銀行融資などの一般的な資金調達手段は、設立間もなく社会的信用も少ない会社ではなかなか選... 続きを読む

下町ロケットにみるファクタリング活用のメリット この秋から冬にかけて放映されたテレビドラマ「下町ロケット」をご覧になった方も多いかもしれません。 元宇宙科学開発機構の研究員だった主人公が自身の携わったロケット開発プロジェクトの失敗の責任をとってその職を辞し、父親が遺した下町の町工場の経営者として奮闘するとともに、社員達と共に再び大企業と伍してロケット開発に挑戦する物語です。 この記事ではこの下町ロ... 続きを読む

新年のご挨拶 新年明けましておめでとうございます。 企業経営者様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。 また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございました。 2019年は社員一丸となりサービス向上に尽力して参ります。 企業経営者様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。 本年も宜しくお願い申し上げます。 続きを読む
電話番号 03-5956-3670 / FAX 03-5956-3671
営業時間 9:00~20:00
メール・FAXは24時間可能受付です。
Copyright c 株式会社No.1, All Rights Reserved.

;