カテゴリー: ファクタリング

安い手数料でファクタリングするには?利用時の注意点は?手数料を下げるコツも徹底解説

ファクタリングを利用する会社は、手数料を負担しなければなりません。
ビジネスローンよりも安い手数料で利用できることもありますが、時には大きな負担を強いられることも。
安い手数料でファクタリングせず、なおかつ無計画な利用を続けていると、資金繰りがどんどん悪化してしまいます。
そこで、できるだけ安い手数料でファクタリングすることが大切です。
この記事では、安い手数料でファクタリングするための基礎知識、手数料に関する注意点、手数料を抑えるコツなどを詳しく解説します。

ファクタリングの基礎知識

中小企業の資金調達といえば、基本的には銀行融資が中心です。
銀行融資は調達コストが安く、多額の資金を調達できるため、経常的な運転資金の調達から大規模な設備投資まで、様々な資金需要に対応した資金調達方法です。
しかしながら、銀行融資には大きな問題があります。
融資先の返済力を厳しく審査し、問題があれば融資しないのです。
あるいは、十分な担保や保証がなければ融資してくれません。
業績・財務が好調であれば、そういう時には複数の銀行から融資提案を受けることも多く、比較的容易に融資を受けられるだけに資金調達に苦しむこともありません。
しかし、業績・財務が悪化した時には、どの銀行も融資に消極的になります。
これが、「銀行は晴れの日に傘を貸し、雨の日には傘を貸さない」と言われる理由です。
したがって、銀行融資に過度に依存している会社は、銀行から融資を受けられずに資金繰りが行き詰る危険があります。
そこで政府は、中小企業に対して資金繰りの多様化を促しています。
そのための方法として、現在政府が最も力を入れているのが「ファクタリング」です。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛金を売却する資金調達方法です。
取引先に対して、商品やサービスを信用取引で販売した際には、支払期日に代金を受け取る権利として「売掛金」が発生します。
売掛金は、売上があるからこそ発生するもので、商売がうまく行っている証拠ですから、基本的に悪いものではありません。
問題は、支払期日まで待たなければ代金を受け取れないことです。
支払いまでの期間、自社が代金を立て替えている状態ですから、立て替えておく期間が長かったり、金額が大きかったりした場合には、資金繰りの大きな負担になります。
ファクタリングを利用することで、必要な資金を調達しながら、資金繰りの負担も解消できます。
売掛金の売却先はファクタリング会社です。
ファクタリング会社は、売掛先の支払能力などを審査してリスクを見積もり、リスクに応じて手数料を設定します。
売掛金の額面金額から手数料を差し引いたものが、売掛金の買取金額です。
手数料分だけ売掛金が目減りしますが、資金繰りへの効果を考えると費用対効果は抜群です。
もちろん、ファクタリングでは手数料が調達コストになるため、手数料が安いに越したことはありません。
そこで、安い手数料で利用できるように工夫したり、手数料が安いファクタリング会社を選んだりすることが重要となります。

ファクタリングの方式

安い手数料でファクタリングするためには、ファクタリングの方式について知っておく必要があります。
ファクタリング方式ごとに手数料が異なり、ファクタリング会社によって取り扱っている方式も異なるからです。
大別すると、ファクタリング方式には以下の3つがあります。

  • 2社間ファクタリング:ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する方式
  • 3社間ファクタリング:利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式
  • オンラインファクタリング:2社間ファクタリングの手続きを全てオンラインで完結する方式

詳しくは後述しますが、方式別の手数料、資金調達スピード、利便性の違いを簡単にまとめておきます。

  • 手数料の安さ:3社間ファクタリング≧オンラインファクタリング≫2社間ファクタリング
  • 資金調達スピード:オンラインファクタリング≧2社間ファクタリング≫3社間ファクタリング
  • 利便性:オンラインファクタリング≫2社間ファクタリング≫3社間ファクタリング

ファクタリングの5つのメリット

ここまでの内容を踏まえて、ファクタリングの代表的なメリットを見ていきましょう。

1.融資とは異なる審査基準

ファクタリングと融資では、審査基準が全く異なります。
銀行融資の審査基準は、「融資先に十分な返済能力があるかどうか」です。
このため、業績・財務に問題がある会社には融資しません。
これに対し、ファクタリングの審査能力は「売掛先に十分な支払い能力があるかどうか」です。
ファクタリング会社が重視するのは、あくまでも売掛先であって利用会社ではありません。
ファクタリング会社は、利用会社から売掛金を買い取った後、支払期日に売掛金を回収することで利益を確保します。
たとえ利用会社の経営に問題があっても、支払期日に売掛先が支払いさえすればビジネスは成り立ち、安い手数料で買い取ることも可能です。
したがって、連続赤字や債務超過、税金の滞納など、銀行の審査に高確率で落ちる会社でも、ファクタリングならば利用できます。

2.無担保・無保証で利用できる

ファクタリングは売掛金を売却する資金調達方法であり、売掛金は売掛債権の一種です。
このため、ファクタリング会社に売掛金を譲渡(売却)するファクタリングは、法的には債権譲渡契約に含まれます。
銀行融資は金銭消費貸借契約ですから、返済義務を伴う契約です。
これに対して、ファクタリングは債権譲渡契約であり、返済義務が一切ありません。
したがって、ファクタリングは無担保・無保証で利用できます。
返済義務がなければ、返済不能時に備えるための担保・保証は不要であり、手数料の安い・高いにも一切関係ありません。
銀行融資を受けるにあたり、担保や保証で苦しんだ経験がある人も多いことでしょう。
ファクタリングならばその心配もありません。

3.スピーディに資金調達できる

ファクタリングの資金調達スピードは、あらゆる資金調達方法の中で最も優れています。
近年、ファクタリングの人気が急速に高まっているのも、これが大きな理由の一つです。
中小企業では十分な与信管理が難しく、資金繰り計画に疎漏があることも多いため、突発的な資金不足に悩まされることがよくあります。
資金調達方法には色々ありますが、スピーディに資金調達できる方法は限られています。
銀行融資は数週間~1ヶ月以上を要し、ビジネスローンも即日で資金調達できないケースが少なくありません。
これに対し、ファクタリングは即日での資金調達が可能です。
方式別の資金調達スピードの目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:最短即日
  • 3社間ファクタリング:最短1週間以上
  • オンラインファクタリング:最短数時間

「今日中に資金調達しなければ資金繰りがショートする」といったシーンでも、ファクタリングならば対応できます。

4.償還請求権がない

ファクタリング契約は「償還請求権なし」が原則です。
償還請求権とは、買い取った売掛金が回収できなくなった場合に、ファクタリング会社が利用会社に売掛金の買い戻しを求める権利を意味します。
「償還請求権あり」で有名なのが、約束手形を売却する手形割引です。
銀行に手形割引を依頼すれば、安い手数料(割引料)で資金を調達できますが、割り引いた手形が不渡りになると手形の買い戻しを求められます。
これは、手形割引が「償還請求権あり」の契約だからです。
ファクタリングには償還請求権がないため、売掛先の資金繰り悪化や倒産などによって売掛金が回収不能になっても、買い戻しを求められることはありません。
もし、その売掛金をファクタリングせずに支払期日まで待っていたら、自社が損失を被っていたはずです。
事前にファクタリングしておけば、このリスクを回避できます。
つまり、売掛金で資金調達できるだけではなく、売掛金の回収不能リスクをファクタリング会社に移転できるのです。
このように、リスクマネジメントに役立つこともファクタリングの魅力です。

5.手数料が安い

正しく利用すれば、ファクタリングは安い手数料で利用できます。
1~4のメリットは、どれも魅力的なものばかりです。
多くのメリットがあって、なおかつ手数料が安いのですから、政府がファクタリングを推奨するのもうなずけます。
手数料が安いことついては、下記に詳述します。

ファクタリングの手数料の仕組み

ここまでも見てきた通り、ファクタリングには手数料がかかります。
手数料は資金繰りに確実に影響するため、安いに越したことはありません。
安い手数料で利用するにはコツがありますが、その前提として、ファクタリング手数料の仕組みを知っておくことが大切です。

ファクタリング手数料の相場

まず気になるのが、ファクタリング手数料の相場です。
相場が分からなければ、手数料の安い・高いも分かりません。
ファクタリング会社の手数料を比較する際には、以下の相場を参考にしてください。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%
  • オンラインファクタリング:額面金額の10%以下

このように、手数料はファクタリング方式によって相場が異なります。

ファクタリング手数料はなぜ変わる?

手数料の相場を見ても分かる通り、手数料が安い場合と高い場合とで大きな差が生じます。
2社間ファクタリングの相場で考えると最大30%の手数料がかかりますが、3社間ファクタリングならば1%の手数料で利用できることもあるのです。
ファクタリング手数料は、ファクタリング会社のリスクに応じて大きく変動します。
2社間ファクタリングは、売掛先が関与せずに取引するため、ファクタリング会社は利用会社の提供する情報だけで判断しなければなりません。
また、2社間ファクタリングを利用する会社のほとんどがスピードを重視するため、審査に費やせる時間も限られています。
その結果、審査の精度が低くなるため、手数料率を高く設定することでリスクヘッジを図るわけです。
3社間ファクタリングならば売掛先も関与し、審査にも時間をかけることができるため、安い手数料でファクタリングできます。

固定制と変動制

なお、ファクタリング手数料には固定制と変動制があります。
変動制は、ファクタリング会社の負うリスクによって手数料が変動する仕組みです。
案件ごとにリスクを見積もった結果、「この売掛金はリスクが低い」「これは収益性が高く優良案件だ」などと判断した場合には、安い手数料を設定します。
売掛先が行政や大企業であれば、ファクタリング会社はローリスクと判断するため手数料も安いです。
売掛先の信用力が優れているならば、変動制を選んで安い手数料を目指しましょう。
固定制のファクタリング会社は、主に個人事業主向けファクタリングなどで見られます。
これは、どのような売掛金でも一律の手数料でファクタリングする仕組みです。
「一律設定の手数料で買取可能」もしくは「買取不可能」の二択で、リスクに応じて手数料が変動するものではなく、様々な売掛金に対応する柔軟性もありません。
ただし、「変動制ならば11%や12%になるところを、固定制のため10%でファクタリングできた」といったこともありますから、場合によっては安い手数料で利用できます。

ファクタリング手数料は安い?

資金調達方法によって、それぞれ調達コストが違うわけですが、ファクタリングの手数料は安いといえるのでしょうか。
これは、見方によって解釈が異なる問題であり、一概には安いとも高いとも言えません。
数字だけで考えるならば、ファクタリングの手数料は決して安いものではなく、むしろ高い方です。
このことは、ファクタリングの手数料率を年利に換算すると良く分かります。

  • 銀行融資:年利2~3%(信用保証協会の保証付きであれば、融資総額に対し1%前後の保証料を支払う)
  • ビジネスローン:年利15~20%
  • 2社間ファクタリング:年利換算60~180%
  • 3社間ファクタリング:年利換算6~60%
  • オンラインファクタリング:年利換算60%以下

(※ファクタリングは、相場の手数料率を年利換算。回収サイト2ヶ月の売掛金を売却した場合を仮定)
3社間ファクタリングやオンラインファクタリングならば、ビジネスローンよりも安い手数料で利用できることもありますが、全体的にみるとやはり高い設定です。
とはいえ、ファクタリングには多くのメリットがあるため、メリットとデメリットを総合的に考慮した上での「コスパ」ということであれば、十分に安いといえます。

ファクタリング手数料の注意点

ファクタリング手数料が安いかどうかを判断するうえで、いくつか注意すべき点があります。

手数料率の上限と下限をチェック

手数料の設定が変動制の場合、表記に注意してください。
変動制というからには、方式や審査結果に応じて手数料が変動し、安い・高いの差が出てきます。
このとき、変動する範囲、つまり手数料率の上限と下限を明確に表示しているファクタリング会社を選びましょう。
「手数料率の上限と下限が明確」というのは、例えば「1~10%」のように、最も安い場合と最も高い場合が明記されていることです。
優良業者として紹介されているファクタリング会社の中にも、手数料率の下限だけを表示し、上限を明記していないケースが珍しくありません。
「業界最安水準 1.5%~」のように、手数料率の下限だけを表示することで安さをアピールしているわけですが、上限が明確ではないところに落とし穴があります。
確かに手数料率1.5%といえば安いに違いないのですが、審査の結果「30%」と言われてしまう可能性も十分にあるわけです。
その点、「5~15%」のように下限・上限ともに明記されていると、少なくとも15%超の手数料が適用されることはないのですから、安心して利用でき、手数料が本当に安いファクタリング会社を選ぶこともできます。

分かりにくい表記に注意

手数料率の上限と下限が明記されていても、それだけで判断してはいけません。
特に注意したいのが、方式別に手数料率の上限・下限を明記せず、全てひとまとめにして表示しているケースです。
実際に、それなりに知名度の高いあるファクタリング会社では、手数料率を「2~20%」と表示しています。
このファクタリング会社は、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの両方を取り扱っており、オンラインファクタリングには非対応です。
2社間ファクタリングの相場は10~30%であり、どんなに安くてもせいぜい5%が限界ですから、この「2~」はおそらく3社間ファクタリングの手数料を意味するものでしょう。
また、3社間ファクタリングは高くても10%が相場であり、ここにある「~20%」の表示は2社間ファクタリングの手数料率と推測できます。
つまり、このファクタリング会社の「2~20%」という表示は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料率をひとまとめに表示したものです。
これでは、実際にはどの程度の手数料率が適用されるか分からず、安い手数料で利用できるとも限りません。
ファクタリングをよく知らない経営者ならば、「2~20%」に隠された意味も分からず利用し、手数料率が割高になっても気づかないでしょう。
このようなファクタリング会社は顧客への配慮に欠けるため、避けた方が賢明です。

手数料率の変動に注意

ファクタリング会社によっては、利用額に応じて手数料率が変動する場合があるため、これにも注意が必要です。
実際に、あるファクタリング会社では以下のように設定しています。

  • 100万円以下:10%~
  • 101~500万円:5%~
  • 501~1000万円:2%~
  • 1001万円以上:別途ご相談ください

これは、手数料率の上限を表示しておらず、なおかつファクタリング方式による違いも不明であり、かなり不親切なケースです。
ファクタリングをあまり知らない人がこのような設定を見れば、「手数料が分かりにくい」というよりも「まとめてファクタリングした方が安い」というイメージを抱くでしょう。
「2%~」という安い手数料で利用するために、あえて501万円のファクタリングを申し込んだところ、手数料が20%や30%になってしまった…といった可能性も否定できません。
知名度が高いファクタリング会社の中にも、このように設定するファクタリング会社があるため要注意です。

安い手数料でファクタリングするコツ

手数料の表示に注意すれば、相場よりも手数料が安いファクタリング会社を選ぶことができます。
手数料率の上限・下限が相場より低く、なおかつその範囲内でいかに安く利用するか。
ファクタリングを活用する上では、この工夫が非常に大切です。
そこで、安い手数料でファクタリングするコツをいくつか紹介します。

3社間ファクタリングを利用する

最も簡単なのが、手数料が安いファクタリング方式を選ぶことです。
相場からも分かる通り、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べて大幅に安い手数料で利用できます。
ただし、3社間ファクタリングは売掛先が関与するため、売掛先の協力がなければファクタリングできません。
売掛先から資金繰り難を疑われたり、資金調達に予想以上の時間がかかったりと、なにかと不便です。
とはいえ、安い手数料で利用できるのは事実ですから、売掛先がファクタリングに協力的であれば3社間ファクタリングを活用しましょう。

オンラインファクタリングを利用する

3社間ファクタリングよりも簡単なのが、オンラインファクタリングを利用することです。
手続きのオンライン化によって、ファクタリング会社の事務負担が大幅に削減されます。
審査から契約までの流れが非常にスピーディになり、ファクタリング会社は短時間で多くの買取業務をこなせるようになりました。
生産性が飛躍的に向上したことにより、ファクタリング会社は安い手数料でも採算を確保できるようになり、10%以下の手数料でもファクタリングできるようになったのです。
審査結果によっては、3社間ファクタリング並みの安い手数料で利用できます。
従来の2社間ファクタリングはオフラインの2社間取引であるのに対し、オンラインファクタリングはオンラインの2社間取引です。
どちらも売掛先は関与せず、手続きのオフライン・オンライン以外はほとんど変わりません。
したがって、2社間ファクタリングを利用する場合には、オンラインファクタリングを選んだほうが確実に安い手数料で利用できます。

信用力の高い売掛先を選ぶ

ファクタリング手数料は、売掛金の買い取りによってファクタリング会社が負うリスクに左右されます。
このため、ファクタリング会社のリスクが低い売掛金を売却すれば、より安い手数料で利用できる可能性が高いです。
分かりやすいのが、自治体や大企業の売掛金です。
売掛先が自治体や大企業であれば、その売掛金が回収できなくなる可能性は極めて低く、ファクタリング会社は安い手数料で買い取ることができます。
もちろん、売掛先が一般的な中小企業でも、このアプローチは可能です。
取引している売掛先の中から、長期にわたって取引しており、これまで支払トラブルを起こしたことがない売掛先を選べば、ファクタリング会社はリスクが低いと判断します。
できるだけ信用力が高い売掛先を選び、安い手数料でファクタリングしましょう。

まとまった金額をファクタリングする

ごく軽微な資金需要であれば、少額ファクタリングでも資金繰りは回ります。
その場合にも、できるだけまとまった金額をファクタリングし、安い手数料を目指しましょう。
ファクタリング手数料は、ファクタリング会社が負うリスクだけではなく、採算性にも左右されます。
売掛金の買い取りにあたって、ファクタリング会社には様々な事務負担が生じますが、この負担は買取金額によって大きく変わるものではありません。
例えば、額面金額1万円のファクタリング(A)と、額面金額1億円のファクタリング(B)を比較した場合、「Aに必要な労力は1だが、Bには10000の労力が必要」といったことにはならないのです。
金額が変化しても、事務負担があまり変化しないとなれば、金額の大きい売掛金ほどファクタリング会社の採算性はアップします。
採算性が高くなれば、手数料を引き下げる余地も大きくなり、安い手数料でファクタリングできるというわけです。
資金繰り計画の全体をよく見渡し、余裕を持って現金を確保するという気持ちでファクタリングすれば、より安い手数料で利用できます。

ファクタリング会社の継続利用と乗り換え

大抵のファクタリング会社は、継続利用の会社を優遇します。
このため、同じファクタリング会社を使い続けることも、安い手数料で利用するポイントです。
現在、ファクタリング市場は急速に拡大しており、ファクタリング会社の数も急増しています。
しかし、まだまだ普及率は低く、ファクタリングを活用している会社もさほど多くありません。
このため、ファクタリング会社間の競争が激化しており、それぞれのファクタリング会社は新規顧客とリピーターの獲得に力を入れています。
新規顧客の獲得、リピーターの獲得、いずれにしても手数料は非常に重要です。
安い手数料を打ち出さなければ、新規に利用してもらうことは難しく、リピート率も低くなってしまいます。
本当に手数料が安いファクタリング会社は、新規利用の際にも手数料が安く、継続利用によってますます安くなる傾向があります。
したがって、現在利用しているファクタリング会社で「手数料が高い」と感じているならば、すぐに乗り換えを検討しましょう。
乗り換え利用の会社が安い手数料で利用できるよう、キャンペーンを実施しているファクタリング会社もあります。

手数料が安いファクタリング会社をお探しの方はNo.1へ!

ファクタリング市場が拡大している現在、ファクタリング会社の数は非常に多く、悪質業者が紛れ込んでいることも事実です。
また、同じ優良ファクタリング会社でも、それぞれ手数料その他の条件が異なり、得意とする業種や買取金額などの強みも異なります。
ファクタリング会社ごとに特徴を比較し、より手数料が安いファクタリング会社を選ぶことが重要です。
しかし、資金調達を急いでいる場合には、慎重に比較することも難しいでしょう。
そこで、手数料が安いファクタリング会社をお探しの方は、ぜひNo.1をご利用ください。
No.1は、東京都に本社を、名古屋・福岡に支社を構えるファクタリング会社です。
2016年に設立し、今年で6年目を迎えます。
No.1の強みは、ファクタリング手数料が安いこと、オンラインファクタリングをはじめとする多種多様なファクタリングに対応していること、資金繰り専門のコンサルタントが在籍していることです。
ファクタリング方式別の手数料率は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の5~15%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~5%
  • オンラインファクタリング:額面金額の2~8%

資金調達スピードにも優れ、特にオンラインファクタリングならば最短60分での入金実績が多数ございます。
ファクタリングをご利用の際には、No.1のコンサルタントが丁寧にヒアリングを行います。
手数料重視のお客様には、安い手数料でご利用いただけるファクタリングプランの提案も可能です。
なお、現在No.1では、新規ご利用(他社からの乗り換えを含む)のお客様に対し、

  • 初回買取手数料50%割引
  • 他社より高額買取保証

のキャンペーンを実施中です。
乗り換えをご検討中の方は、ぜひご利用ください。

まとめ:正しくファクタリングを知り、安い手数料で活用を

この記事では、ファクタリングと手数料の基本的な知識と、安い手数料で利用するための注意点やコツを解説しました。
ファクタリングは、自社の資産(流動資産である売掛金)を売却することによって資金を調達する「内部資金調達」です。
銀行融資などの「外部資金調達」であれば、外部機関の判断に左右されるため、調達コストを引き下げることも困難です。
しかしファクタリングならば、経営者が正しい知識を身につけることで、安い手数料へと近づけていくことができ、資金繰りへの効果が高まります。
ぜひ、安い手数料でファクタリングすることを心掛けましょう。
No.1では、お客様がより安い手数料でご利用いただけるよう、様々な工夫を重ねてまいりました。
ファクタリングをご利用の際には、ぜひNo.1にご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top