カテゴリー: ピックアップ ・ ファクタリング

少額で即日対応するファクタリング会社の選び方

スピード査定依頼フォーム

インターネットで「ファクタリング 即日 少額」と検索される方が増えてきております。

また、弊社にも「少額を即日ファクタリング(資金調達)したい」というお申し込みが増えてきております。

今回は、少額を即日ファクタリング(資金調達)するための方法をご紹介します。

そもそも少額ファクタリングを受け付けるファクタリング会社が少ない理由

実は、少額ファクタリングを受け付けるファクタリング会社は多くないです。

大口と比べて利益が出しにくい

ファクタリング会社は、買取手数料によって利益を出していますが、
手数料は金額に応じて変化します、そのため、少額の売掛債権を買い取りしても利益が出ないことが多く
一般的にファクタリング会社は少額よりも高額の売掛債権の買い取りを好む傾向にあります。

回収不能リスクが高い

小口の売掛債権さえも売却を検討している企業は、資金繰りが危うい傾向にあり、また、小口の売掛債権の債務者も大企業より、中小企業や零細企業、個人事業主などが多い傾向にあるため、大企業より回収不能リスクがあります。
そのため、少額のファクタリングを扱わない会社も多いです。

少額で即日対応してくれるファクタリング会社選び方

それでは少額でも即日対応してくれるファクタリング会社選びについて紹介していきます。
ポイントは以下の二つです。

  • 即日資金調達が可能か?
  • 少額でのファクタリングが可能か?

さらにお客様が個人事業主様やフリーランス様の場合は、「個人事業主やフリーランスでも利用可能か?」

ファクタリングで少額を即日資金調達するには、上記2点(個人事業主様やフリーランス様の場合は3点)に対応しているファクタリング会社を探す必要があります。

実際、日本には多くのファクタリング会社がありますが、上記2点(個人事業主様やフリーランス様の場合は3点)が可能なファクタリング会社は少ないのが現状です。

※株式会社No.1のファクタリングサービスは「即日少額ファクタリング」に対応しております。
お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さい。

それでは、各ポイントについて説明します。

即日対応しているファクタリング会社を探す

即日資金調達可能なファクタリング会社か見極めるには、ホームページに「即日可能」と記載があることが最低条件です。

さらに「最短〇〇分で資金調達可能」と記載があれば更にいいです。

オンライン契約に対応している会社も即日ファクタリングできる可能性が高いです。

また、ファクタリング会社に直接電話して確認するのもいいと思います。

※株式会社No.1は「即日ファクタリング」に対応しております。
(最短60分で振込可能です。)

ファクタリングで即日資金調達するためにの方法や事例はこちらの記事で解説しています

少額でのファクタリングが可能な会社を探す

ファクタリング会社ごとに、最低買取金額が決まっております。

最低買取金額が100万円のファクタリング会社もあれば、10万円のファクタリング会社もあります。

一般的な最低買取金額の平均は30万円〜50万円程度だと思います。

※株式会社No.1は最低買取金額が10万円です。
10万円未満は対応できません。

仮に20万円の売掛債権(売掛金)をファクタリングしたい場合、最低買取金額が20万円以下でないと買取ってもらえません。

少額をファクタリングする場合は、売掛債権(売掛金)の額が最低買取金額以上のファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ただし、10万円未満の売掛債権(売掛金)の買取をしている会社はほぼありません。(株式会社No.1も対応しておりません)

少額でも即日対応可能なファクタリング会社が見つかったら

上記から、少額でも即日対応可能なファクタリング会社が見つかったらお申込みになるのですが、お申し込みの際の注意点を記載します。

ファクタリング審査、契約に必要な書類は可能な限り完璧に

ファクタリングの審査には、いろいろな書類が必要になります。

ファクタリング会社のホームページには、最低限の必要書類は記載されていますが、記載書類以外も追加で審査書類を求められることが多々あります。

ファクタリングで即日資金調達をするためには、審査に必要な可能性がある書類は極力完備させておく必要があります。

一般的に審査に必要な書類は以下となります。

  • 登記簿謄本(個人事業主様、フリーランス様は身分証明書)
  • 決算書、確定申告書(余裕をもって3期分)
  • 印鑑証明書
  • 通帳コピー(余裕を持って3カ月分)
    ※売掛債権(売掛金)が入金される口座だけでなく、保有している全ての口座が必要な場合があります。
  • 納税証明書(1カ月以内など指定がある場合がある)
  • 保険料支払い証明書(直近の支払い明細)
  • 売掛債権(売掛金)を証明する書類

※契約書、見積り書、発注書、請負書、納品書、請求書などあるものは全てご用意ください。

追加書類を求められた場合、即日ファクタリングできる可能性が少なくなります。
審査に必要になりそうな書類は可能な限り用意しておきましょう。

申し込みは午前中に電話で

即日ファクタリングを希望の場合は、午前中にファクタリング会社に電話した方が可能性は高まります。

メールやホームページのお問い合わせフォームなどからの問い合わせだと、タイムロスが発生します。

可能な限りファクタリング会社に電話で申し込みましょう。

また、電話した際に「緊急でファクタリング希望」と担当者に伝えたら優先的に審査してくれるかもしれません。

ファクタリングで即日少額をする方法まとめ

ファクタリングで少額で即日対応するファクタリング会社の選び方からお申込みまでの注意点は以下となります。

  • 対応しているファクタリング会社を探す(2つの最低条件)
    「即日資金調達が可能か?」
    「少額でのファクタリングが可能か?」

  • 審査、契約に必要な書類は可能な限り完璧にファクタリング審査に必要であろうと思われる書類を準備しておく
  • 申し込みは午前中に電話で

なお、即日少額ファクタリングなら株式会社No.1にお任せください。
株式会社No.1では、即日ファクタリング、少額(最低10万円)からの買取が可能です。
もちろん、個人事業主様やフリーランス様もご利用可能です。
お気軽にお申し込み、お問い合わせください。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top