株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > でんさいネットとファクタリングの共通点と違い

カテゴリー: ファクタリングについて

でんさいネットとファクタリングの共通点と違い

でんさいネットとファクタリングの共通点と違い

でんさいネットとファクタリングについて、「債権」※ここでは売掛債権を指します。

と「支払期日前に資金化」という共通のキーワードから、同じものではないのか、またその違いは何か理解できていない経営者のために、まずは「でんさいネット」とは何か、「ファクタリング」とは何かについて簡単に説明します。

でんさいネットとは

まず、でんさいネットとは、正式名称を株式会社全銀電子債権ネットワークといい、このでんさいネットが記録管理をしている電子記録債権を「でんさい」と呼びます。

このでんさいは、売掛債権や手形の代わりに支払いをする「債権」をデータで記録・管理した新しい金銭債権です。

単に売掛債権や手形をデータ化しただけではなく、取引のうえで安全性・確実性・利便性を兼ね備えており、でんさいネットを介して譲渡することで支払期日前に債権を資金化することができます。

このでんさいネットは全国の金融機関が参加しているため、取引はすべて金融機関を介して行います。

でんさいを利用するためには、受取企業だけではなく、支払企業(売掛先企業)もでんさいネットへ加入するための申込をしなければならない必要があります。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業間取引で発生した売掛債権を支払期日前にファクタリング会社へ譲渡(売却)し、資金化することです。

ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社を介して行います。

以上のことから、でんさいネットは金融機関を介して資金調達を効率的に行うためのシステムであり、ファクタリングはファクタリング会社を介して行う資金調達方法であることから、両者を同じ俎上に載せて比較することはできません。

今回は、でんさいネットを介した資金調達と、ファクタリングについて比較してみましょう。

でんさいとファクタリングの共通点

1.債権を譲渡することで支払期日前に資金化することができる

でんさいの場合は手形・売掛債権の電子記録債権、ファクタリングの場合は売掛債権を譲渡することで支払期日前に現金化することが可能です。

2.支払企業が支払うことで決済される

でんさいの場合、 本来の支払期日に支払企業の口座から資金の引き落としを行います。

ファクタリングの場合は3社間・2社間取引によって決済方法が異なります。

3.債権譲渡方法がシステム化されている

でんさいの場合はでんさいネットが、ファクタリングの場合はファクタリング会社が債権譲渡における手続きを行います。

でんさいとファクタリングの相違点

1.ネットワーク

でんさいの場合は、通称でんさいネットといわれている株式会社全銀電子債権ネットワークによって手続きが行われます。

このでんさいネットは、全国の金融機関が参加して利用しているため、取引については金融機関にあるでんさいネットを通して行います。

それに対して、ファクタリングの場合は、ファクタリング会社と企業間との取引となるため、各ファクタリング会社によりネットワークが異なります。

2.貸し倒れリスク

でんさいの場合、もし支払期日が到来しても支払企業の口座から引き落としが不能となり、回収が出来なくなってしまった場合には、受取企業(債権を譲し た企業)が保証人となっているため、支払企業の代わりに支払いを行う必要があります。

それに対して、ファクタリングの場合は、債権を譲渡した後は、いくら支払企業から回収不能となったとしても受取企業が肩代わりをすることはありません。
※償還請求権がなしの場合に限る。

3.資金調達までの時間

でんさいの場合、受取企業も支払企業もでんさいネット導入のために申込をしなければ取引を行うことができません。

でんさいネットは導入に時間がかかるため、支払企業がでんさいネット未導入の場合は、緊急を要する資金調達には不向きだといえるでしょう。

反対に、ファクタリングの場合は、必要書類が整っていれば最短1日で現金化を行うことができるため、緊急を要する資金調達には適しています。

でんさい、でんさいネット、およびファクタリングについて、共通点や相違点についてご理解いただけましたでしょうか。

でんさいとファクタリングの共通点や相違点を把握したうえで、自社に適した資金調達を行うようにしましょう。