愛知(名古屋)でファクタリングなら株式会社No.1

ファクタリングとは?

ファクタリングとは?

ファクタリング(factoring)とは、お客様が保有している売掛金をファクタリング会社が買い取り、お客様へ資金を提供するサービスを言います。

売掛金の支払い期日前に資金化でき、万が一、売掛先の経営悪化や倒産などが原因で起こりうる貸倒れリスクも回避する事ができる、近年注目を集めている資金調達法です。

 

売掛金

信用取引によって商品やサービスの提供が完了後、提供側の企業が得られる「代金を受領できる権利」を総称して「売掛債権」と呼びます。

この債権において、手形で信用取引を行っている場合は「受取手形」、そうでない債権は「売掛金」に区別する事ができます。

 

ファクタリング契約の流れ

ファクタリング契約の締結

売掛金や売掛先の信用度に問題が無ければ、お客様とファクタリング契約を締結します。

売掛金の買い取り(売掛債権譲渡)

お客様から買い取った売掛金分の金額を、口座へお振込み致します。

売掛金の支払い

売掛先より、期日までに売掛金の代金を受領します。

ファクタリング会社へ入金

売掛金の入金があり次第、ファクタリング会社へ入金して下さい。

 

ファクタリングは様々な資金操りの悩みを解決します。

ファクタリングは銀行融資とは違い、事業計画書や資金操り表の作成、さらには保証人も担保も必要ありません。お手続きはとても簡単で、審査に問題がなければ、すぐにでもファクタリング契約を締結し、お客様の売掛金を買い取り後、資金を入金します。

即日に売掛金を資金化した実績も多数あります。

ファクタリングの審査において重要視されるのは、主に保有している売掛金と、売掛先の信用度です。仮にお客様の企業が業績不振で赤字があったとしても、売掛金の内容がしっかりとしており、売掛先も長期に渡って取引実績がある等の理由で信用度の高さが確認できれば、ファクタリング取引を締結する事ができます。

売掛金の譲渡(売買)契約であるファクタリングは、「借金」ではありません。

あくまで売掛金を売却する事による資金ですので、会計上「負債」とはならず、信用情報にも一切影響しません。

ファクタリングは、お客様とファクタリング会社の2社間のみで取引を完結させる事ができます。この取引を「2社間ファクタリング」と呼び、取引先企業様に債権譲渡を通知する事はありません。

万が一、売掛先が倒産し、売掛金が回収不能となった場合、そのリスクはファクタリング会社が負担致しますので、お客様には支払い義務は発生致しません。

ファクタリング取引では、売掛金を資金化するだけではなく、リスクマネジメントを同時に行えるのが特徴です。

 

ファクタリングの実例

製造業を営む「A社」では、複数の取引先から製造の受注を受けていました。

受注数が多くなる事で、売上は伸びますが、その反面で製品を作る為の資材費が不足し、資金操りの面で苦しい状況に陥っていました。

資材費を調達するために、銀行からも多くの融資を受けており、既に追加融資は不可能な状況。このままでは黒字倒産は免れません。

しかし、その後ファクタリングという資金調達法を知ったA社は、最後の望みでファクタリング会社へ契約の申込をしました。

A社が取引している企業は、長期に渡って取引を行っている企業も多く、その分信用度も高い事からファクタリング契約の審査はすんなりと通り、わずか2日で1,000万円の資金調達に成功。

その後資金操りは安定し、業績を伸ばす事にも成功しました。