No.1のファクタリング~資金調達ブログ~

中小企業金融円滑化法ってなんだ? ※返済猶予=リスケジュール 2009年11月30日、前金融担当大臣であった亀井静香氏が提案した「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」(※いわゆる中小企業金融円滑化法です)が成立されました。 どのような内容の法律かといいますと、銀行が貸出先である中小企業から返済猶予の相談を受けた場合に対応するように努力義務を課した法律です。 この法律の... 続きを読む

平成29年度の租税の滞納残高8531億円 国税庁は平成30年8月、平成29年度の租税滞納状況を発表しました。 ※「滞納」とは国税が納付期限までに納付されずに、督促状が発行されたもの。 地方消費税を除く 徴収決定済額(申告などにより、課税されたものの金額)が60兆8203億円であったのに対し、新規に発生した滞納額は6155億円だった。 ・滞納発生割合 滞納発生割合は1%で、平成16年以降14年連続で... 続きを読む

業界別ファクタリング【IT業界編】 システム開発、アプリ制作、ホームページ制作などを行っているIT企業のファクタリングの利用は年々増えてきております。 その中でも、受託開発を行っている企業、SES事業(システムエンジニアシェアリング)を行っている企業の利用が多いです。 今回はそんなIT業界のファクタリングについて書いていきたいと思います。 IT企業はなぜファクタリングを利用するのか? ①時期によっ... 続きを読む

ファクタリング利用時の会計処理方法について ファクタリングを利用するケースですが、会計処理についても確認しておかなければなりません。 ファクタリングを利用する時には会計処理上、売掛金が減ることになります。 その時にどのように処理するのでしょうか? またファクタリングを利用すると、予定していた金額よりも少ない金額しか入金してこないことになります。 減ってしまった分はどのように会計処理していけばよいの... 続きを読む

ビジネスローン審査とファクタリング審査を徹底比較 企業の資金調達方法として注目を集めるのが「ビジネスローン」と「ファクタリング」です。 どちらを利用しようか悩んでいる方も多いのではありませんか? ビジネスローンとファクタリングに関しては同じようなものに感じるかもしれませんが、実際には全く異なるものです。 しかも審査についても大きく内容が異なっているわけです。 ですから「ビジネスローンの審査には通っ... 続きを読む

ファクタリングの審査で必要になる書類とは? 企業の資金調達方法として注目を集めるファクタリングですが、多くの企業が利用を計画しています。 気軽な資金調達法として人気になっているのです。 しかしファクタリングに関しても申し込みの時にはいくつかの書類を用意しなければなりません。 審査を受けることになるので、その審査に必要な書類については準備しておくべきなのです。 こちらではファクタリングの審査時に必要... 続きを読む

ファクタリング手数料とビジネスローンの金利を比較してみよう! 企業が資金調達をしようと考えている場合ですが、まずはビジネスローンを考えると思います。 ビジネスローンはノンバンクも実施していますし、銀行も実施しています。 事業者向けのローンとなっており、比較的気軽に申し込みができるものとしても広く知られているわけです。 一方で近年、少しずつ増えてきているのがファクタリングです。 企業が保有する売掛金... 続きを読む

ファクタリングが選ばれる理由|償還請求権なし 多くの企業が売掛金の譲渡である「ファクタリング」に注目しています。 資金調達の一つの方法として採用し始めているわけです。 そのファクタリングで注目すべきなのが「選ばれる理由」です。 利用者にとって何かしらのメリットがなければ選ばれるはずもありません。 しかしファクタリングは多くの企業に選ばれているわけです。 こちらではファクタリングが多くの企業に選ばれ... 続きを読む

ファクタリングの手数料とは別?着手金と諸費用について ファクタリングの費用形態というものはしっかりと理解しておかなければなりません。 理解しておかないと、思ったよりも手元に残る資金が少なくなってしまう可能性があるわけです。 ファクタリングにかかる費用の発生に関しては以下の2つのタイプがあります。 ・ファクタリングの手数料以外に着手金や諸費用が請求される ・ファクタリングの手数料に着手金や諸費用等が... 続きを読む

ファクタリング利用がおすすめな企業とは? 資金調達には様々な方法があります。 企業の資金調達の一つの方法が「ファクタリング」なのです。 あくまで資金調達方法の一つがファクタリングなので、必ずしもすべての企業に適しているとは限りません。 他の方法が適している可能性もあるわけです。 もしかすると日本政策金融公庫の融資制度のほうが適しているかもしれません。 銀行融資のほうが適しているかもしれないのです。... 続きを読む
電話番号 03-5956-3670 / FAX 03-5956-3671
営業時間 9:00~20:00
メール・FAXは24時間可能受付です。
Copyright c 株式会社No.1, All Rights Reserved.

;