カテゴリー: ピックアップ ・ ファクタリング

【事例付き】即日入金可能なおすすめのファクタリング会社を10社紹介!即日利用するためのコツとファクタリング会社選びの方法も解説!

 

「今すぐ手元に資金がほしい…!」

「今日中に資金調達しないとショートするかもしれない…」

「急いで資金調達したいのに融資の審査に通らなかった…」

こんな悩みを抱えている方へ、おすすめの資金調達方法をご紹介します。

それは『即日ファクタリング』です。

本来、ファクタリングはお申し込みから入金までに数日の期間を必要としていました。
しかし、近年のAI発達により最短2時間からファクタリングを利用できる会社が増えています。

この記事では

  • 即日入金可能なファクタリング会社の紹介
  • 悪質業者を見抜く!即日利用可能なファクタリング会社の選び方
  • 意外と知らない即日入金ができなくなる落とし穴

について解説します。

もし、あなたが今日中に資金調達がしたいと悩んでいるのであれば、ぜひ最後までお読みください。

【即日入金可能】おすすめのファクタリング会社10選!

では早速、即日入金が期待できるおすすめのファクタリング会社を10社紹介します。

ファクタリング会社によって、手数料や即日利用するための申し込み時間など、違いがありますので注意してご覧ください

また、会社紹介の後にファクタリング会社の選び方についても解説しています。

1,No.1|オンラインファクタリングにより即日入金を実現!

no1

No.1は、2016年設立のファクタリング業者。
本社を東京に、名古屋市と福岡市に支社を構えて6年目のファクタリング会社です。

そんなNo.1の特徴は、

  • ファクタリングのメニューの豊富さ
  • 完全オンライン完結のファクタリングサービス
  • 資金繰り専門のコンサルティング支援

の3つ。

No.1は一般的なファクタリングのほか、建設業界特化型のファクタリングや、個人事業主・フリーランス向けのファクタリングも強みとしています。
 
即日入金を希望される場合は、対面取引が一切不要のオンラインファクタリングも可能
No. 1のオンラインファクタリングは、2社間ファクタリングでありながら手数料を2~8%に抑えており、業界随一の安さを誇ります
 
その他、資金繰り専門のコンサルティング業務も提供しています。
資金繰り専門のコンサルタントの支援により、経営リスクの調査・分析や資金繰り改善など、ファクタリングを通じてトータルサポートが可能。

資金繰りに悩んでいて、即日利用したい方はぜひNo. 1にご相談ください。

対象 法人
個人事業主
フリーランス
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
調達可能金額 50万円~5,000万円
入金スピード 最短30分
手続き方法 オンライン
対面
必要書類 通帳コピー
決算書
請求書・発注書・納品書
売掛先との基本契約書
対応可能エリア 全国

2,QuQuMo|オンライン特化の即日サービスが特徴

ququmo

QuQuMoは、株式会社アクティブサポートが手掛けるファクタリングサービス。

QuQuMo最大の特徴は、オンラインに特化していることです。

ファクタリングがオンラインで完結するため、手数料の低さと入金スピードに期待できます。
ファクタリング手数料は1%~、申し込みから入金までは最短2時間での資金調達が可能。
 
ただし他のファクタリング業者と異なり、ファクタリング手数料の上限が明記されていません
必ずしも他社より安いとは限らないため、利用の際には手数料に注意してください。
 
このほか、必要書類の少なさも魅力的。
QuQuMoの必要書類は請求書と通帳の2点のみであり、ファクタリングの基本的な資料である決算書の提出も要りません。

必要書類の準備が面倒な方は、ぜひQuQuMoをご利用ください。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
調達可能金額 上限なし
入金スピード 最短2時間
手続き方法 オンライン
必要書類 通帳コピー
請求書
対応可能エリア 全国

3,anew|金融機関との共同で即日・安心なサービスを提供

anew

anewは、新生銀行とOLTA株式会社が共同で手掛けるファクタリングサービス。

一般的に中小ファクタリング会社のサービスに金融機関が関与することはありません。
しかし、anewの運営には新生銀行が絡んでいることから、安心して利用できるのが魅力的です。
 
anewはオンラインファクタリング専業であり、対面取引は必要ありません。
そのためファクタリング手数料やスピードにも強みがあります。
 
ただし、AI審査を導入している点には注意してください。
AI審査は審査スピードに優れているものの、機械的な審査しかできず、審査担当者の裁量が入る余地がありません。
結果として、人の手で審査した場合に比べて、ファクタリング手数料が高くなるケースもあります

安心してファクタリングを利用したい方はぜひ利用を検討してみてください。

対象 法人
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
調達可能金額 制限なし
入金スピード 最短即日
手続き方法 オンライン
必要書類 身分証明書
通帳コピー
決算書
請求書
対応可能エリア 全国

4,OLTA|個人事業主向けの即日ファクタリングサービスを提供

olta

OLTAは、オンライン型ファクタリングで人気を誇るファクタリング業者。
上記の通り、anewの運営会社でもあります。

OLTAは、オンラインファクタリングを手掛けるファクタリング業者の中でも特に高い人気を誇ります
日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には『中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング』でNo.1を獲得。

サービスの仕組みや内容は、anewとほとんど同じ。
というのも、anewはOLTAの仕組みを法人向けに特化したサービスだからです。
 
OLTAでは、個人事業主向けのオンラインファクタリングも提供しています。
ファクタリング手数料は2~9%であり、オンラインファクタリングならではの手数料となっています。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
調達可能金額 制限なし
入金スピード 最短即日
手続き方法 オンライン
必要書類 身分証明書
通帳コピー
決算書
請求書
対応可能エリア 全国

5,ビートレーディング|業歴の長い優良ファクタリングサービス

betrading

ビートレーディングは、2012年設立のファクタリング業者。
東京・仙台・大阪・福岡の主要4都市に拠点を構えて10年目の会社です。

ビートレーディングの特徴は、ファクタリング業界でも特に業歴が長いこと
2012年からファクタリングサービスを手掛けており、累計ファクタリング件数は26,000件に上ります。
この業歴によって蓄積されたデータやノウハウは、信頼に値するといえるでしょう。
 
ただし上記5社とは異なり、オンラインファクタリングには対応していません
申し込みと書類提出はWEBで行えますが、ファクタリング契約では対面で行います。
 
しかしビートレーディングから依頼企業への訪問を行っており、ビートレーディングの営業所に出向く必要はありません。
ただ、対面取引には時間がかかるため、遠方の会社は即日ファクタリングが難しいかもしれません。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
調達可能金額 制限なし
入金スピード 最短12時間
手続き方法 対面
必要書類 会社指定の審査依頼書
通帳コピー
請求書・発注書・納品書 登記簿謄本 印鑑証明書
対応可能エリア 全国

6,ベストファクター|脅威の平均買取率を誇るファクタリングサービスを提供

bestfactor

ベストファクターは、株式会社アレシアが手掛けるファクタリングサービス。
東京に本社を、大阪に支社を構えています。

ベストファクターの特徴は、平均買取率の高さ
2021年8月実績の平均買取率は92.2%です。
90%前後の買取率はそれほど珍しいものではありませんが、92%を上回る買取率はかなり高い水準でしょう。
 
ただし、即日振込実行率は77.8%にとどまります。
ほとんどのファクタリング業者は即日振込実行率を公開していないため比較が困難ですが、単純計算で4社のうち約1社は翌日以降の対応でしょう
 
主な理由に、対面取引が必須であること、契約時の必要書類が多いことが考えられます。
また、ベストファクターはオンラインファクタリングを提供しておらず、契約時には面談しなければなりません

また、登記簿謄本・印鑑証明書・納税証明書など、取得に手間のかかる資料を求められることがほとんど
 
他社と比較して、条件が良ければ利用を検討してみてください。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
調達可能金額 30万円~1億円
入金スピード 最短即日~3営業日程度
手続き方法 対面
必要書類 身分証明書
通帳コピー
請求書 納税証明書 印鑑証明書 登記簿謄本
対応可能エリア 全国

7,アクセルファクター|原則即日対応のファクタリング専門会社

accelfacter

アクセルファクターは、東京に本社を、仙台市と名古屋市に営業所を構えるファクタリング業者。

アクセルファクターは、ファクタリング事業に特化した会社です。
他のファクタリング業者では、コンサルティング事業などを手掛けているケースもありますが、アクセルファクターはファクタリング専業。
 
公式ホームページには「即日でのお振込みが原則」とあり、即日対応が期待できるでしょう
審査通過率も9割以上ですから、多くの会社に利用しやすい設計と言えます。
 
ただし、契約は、オンラインファクタリング、対面または郵送での取引のみ。
郵送の場合、書類のやり取りに時間がかかるため即日ファクタリングはできません

ファクタリング契約の方法については、アクセルファクターの担当者とよく打ち合わせてみてください。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
調達可能金額 下限なし~1億円
入金スピード 最短即日
手続き方法 対面 オンライン
メール・FAX・郵送
必要書類 身分証明書
通帳コピー
決算書
請求書
売掛先との基本契約書
印鑑証明書
対応可能エリア 全国

8,PMG(ピーエムジー)|資金調達額が大きい特徴を持つファクタリングサービスを提供

pmg

ピーエムジーは、東京本社のほか、全国に9つの営業所を構えるファクタリング業者。
ピーエムジーの営業所の数は、中小ファクタリング業者の中でもトップクラスであり、業容の大きさに特徴があります。

また、ファクタリングの買取原資を提携ファンドから調達しているため、調達可能額が大きいことも魅力の一つ
 
ピーエムジーはノウハウや審査力の高さに強みがあり、社内には独立した審査部を設けているとのこと。
買取率は審査次第で変動するとしつつも、92~98%を誇ります。
この買取率は、業界随一の高さといってよいでしょう。
 
ただし、このように高い買取率を実現するには、審査に手間をかけてリスクを正確に把握し、適切なリスクヘッジが欠かせません。
したがって、最短即日で買取可能としつつも平均では3日程度を要します
 
対面取引も必要であり、オンラインファクタリングのようなスピード感が期待できないため、即日ファクタリングを求める人には不向きかもしれません。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
調達可能金額 下限なし~2億円
入金スピード 最短即日(平均3日程度)
手続き方法 対面
必要書類 通帳コピー
決算書
請求書・発注書・納品書
対応可能エリア 全国

9,ウィット|少額取引専用のファクタリングサービスを提供

ウィット

ウィットは、小口(少額)専門のファクタリング会社
小口専門のファクタリング会社は、特に個人事業主と相性が良いです。

なぜなら、個人事業主は法人に比べて、ファクタリング利用額が小さいため。
小口を苦手とするファクタリング会社を利用すると、審査に通りにくくなったり、手数料が割高になったりすることでしょう。
 
少額でできるだけ有利な条件でファクタリングをするためには、ウィットのような小口専門業者がおすすめ。
特にウィットが得意としているのは、500万円以下のファクタリングです。
利用額の下限である30万円のファクタリングでは、95%の買取実績を誇っています。

最短2時間でのスピードファクタリングにも対応しているため、お急ぎの個人事業主はぜひ利用してみてください。

対象 法人
個人事業主
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
調達可能金額 上限下限なし
入金スピード 2時間〜2日
手続き方法 非対面
必要書類 身分証明書
通帳コピー
決算書
請求書
売掛先との基本契約書
印鑑証明書 登記簿謄本
対応可能エリア 全国

10,yup先払い|最低1万円から利用可能

yup先払い

yup先払いは、yup株式会社が提供するファクタリングサービス。

yup先払いの最大の特徴は、フリーランス向けのオンラインファクタリングに特化していることです。
このことは、yup先払いの運営元であるyup株式会社が「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に加盟していることからもよく分かります
 
例えば、

  • yup先払いに登録すれば、請求書をアップロードするだけでいつでも利用できる
  • 完全オンラインファクタリングである
  • 最低1万円から利用できる
  • 個人間取引の請求書もファクタリングできる

といったメリットがあるのです。

法人でも利用可能としていますが、yup先払いのファクタリング上限額は10万円からスタートし、利用実績によって毎月更新される仕組み。
このため、法人の資金調達には利用しにくいかもしれません。

対象 法人
個人事業主
フリーランス
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
調達可能金額 1万円~10万円まで(利用状況に応じて限度額を拡大)
入金スピード 最短60分
手続き方法 オンライン
必要書類 身分証明書
請求書
対応可能エリア 全国

即日利用するためのファクタリング会社の選び方4つを紹介!

即日でファクタリング可能な会社を選ぶコツをご紹介します。

1,契約方式は即日利用可能な『2社間ファクタリング』一択

即日入金ができるファクタリングサービスのほとんどは2社間ファクタリングです

2社間ファクタリングは、売掛金を売却する会社と、売掛金を買取をするファクタリング会社の2社間で取引。
ファクタリング会社と売掛金を売却する会社間だけでのやり取りで済むため、審査さえ通れば最短で即日での資金調達が期待できるでしょう。
 
詳しく2社間ファクタリングについて知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。
2社間ファクタリングとは?仕組みやメリットを解説

2,来店不要なオンラインファクタリングが可能かどうか

最短即日で入金してもらえるファクタリングサービスは、オンラインで完結することがほとんど

しかしオンラインで契約するため、怪しい業者に申請してしまったり、自分の本来の信用度を伝わりきれなかったりということも起こります。
オンラインで契約する場合、ファクタリング会社が必要とする情報は正確かつ詳細に入力しましょう。

また、悪質業者の特徴も以下で解説しますので、絶対に騙されないようにしてください。

3,売掛金が買取可能額の条件を満たしているかどうか

即日ファクタリングを希望していても、自分が希望する買取金額では買い取ってくれない会社もあります。
なぜなら、ファクタリング会社によって最大最小の買取可能額が決まっているから
 
そのため、自分が希望する金額にマッチしたファクタリング会社を選ばなければ、審査に通ることはありません。
即日入金をしたい場合は、審査に通るために買取可能額のチェックは欠かさないようにしましょう。

4,手数料が相場内かどうか

手数料もファクタリング会社選びでは重要なポイントの一つ。

即日のファクタリングでよく利用される2社間ファクタリングの手数料相場は10%~30%となっています
ファクタリングの手数料は会社によって異なりますし、一般的に売掛債権の信用度が高いと手数料が安くなリます。
 
例えば、売掛先の財務状況がよい、個人ではなく法人、事業規模が大きいといった信用力が高い場合、ファクタリング会社は買い取った売掛金が回収できる可能性も高いと判断することがほとんど。
その結果、手数料を抑えたファクタリングが期待できるのです。

即日ファクタリングを成功させる方法4選を紹介!

即日対応可能なファクタリング会社に申し込んだからといって、必ずしも当日中に希望金額が振り込まれるとは限りません
 
ここからは、より確実に即日でファクタリングを成功させる4つの方法について解説します。

1,朝早くにファクタリング会社を訪問する

即日入金ができる場合、電話やインターネットで受付対応しているファクタリング会社がほとんど。
とはいえ、電話やインターネットでの受付は、後日FAXまたは郵便などで必要書類を提出する必要があります。
そのため電話受付やネット受付は、基本的に時間に余裕があって急いでいない方に向いているサービスと言えるでしょう
 
即日ファクタリングをご希望であれば、午前中の早い時間に直接ファクタリング会社を訪問する方が断然有利
その場で契約書類を作成してくれるファクタリング会社が多く、契約した当日に売掛債権(売掛金)の買取代金が振り込まれる確率が高くなります。
 
そもそも、ファクタリング自体は簡単な売掛債権(売掛金)の買取サービスですが、契約書類は複雑。
そのため、ほとんどのファクタリング会社ではお客様ごとに契約書類をパソコンで作成しています。
そのため、銀行振り込みが可能な時間帯でなければ、翌日に繰り越されてしまうこともしばしば。
 
一方、お客様の会社にファクタリング会社の担当者が訪問した場合、契約書の作成・修正に手間取ったり上席の決済が取れなかったりと、意外と即日ファクタリングに失敗するケースが多いのです。

2,過去に利用したことがあるファクタリング会社なら即日対応の可能性が高い

過去に利用したことがあるファクタリング会社なら、即日ファクタリングでも対応してもらえる可能性がかなり高いです。
さらに、前回ファクタリングを行った時と同じ売掛先企業の売掛債権(売掛金)なら、即日ファクタリングできる可能性が更に上がります
 
また、ファクタリングの審査に通過したにも関わらずその場で契約せずに終わった場合、同一のファクタリング会社へ相談してみましょう。
ファクタリング利用の有無にかかわらず、審査に通ったファクタリング会社であれば、スムーズに即日ファクタリングの契約に至る可能性が高いのです

3,少額の売掛債権(売掛金)は即日ファクタリングに有利

即日利用を希望する場合は、少額の利用が圧倒的に有利
なぜなら、売掛債権(売掛金)を買取って万が一回収できなかった場合、全額ファクタリング会社の損害になってしまうから。
 
例えば、買取った5,000万円の売掛債権(売掛金)が未回収になった場合は、たった1取引で5,000万円の損害を被ってしまいかねません。
考えただけでぞっとしますよね。
小規模のファクタリング会社なら、これだけで倒産してしまいます。
 
だからこそ、売掛債権(売掛金)の金額が大きければ大きいほど、ファクタリング会社は審査に慎重になります。
数千万円の売掛債権(売掛金)を即日買取ってもらうには、よほどの条件が揃っていないと難しいでしょう。
 
反対に100万円程度の売掛債権(売掛金)なら、売掛債権(売掛金)さえしっかりしていればかなりの確率で即日ファクタリングが行えるでしょう。

4,定期的に事前審査をしておく

事業を営んでいると、急に資金が必要になることもあるかもしれません。
最悪、当日中に資金が必要になるケースも…。
 
そうなったときに取引のある金融機関を通じて即日資金調達ができれば良いのですが、緊急性が高いほど難易度も高くなるのが現実。
もちろん即日ファクタリングは有力な選択肢ではあるものの、初めて利用される方が絶対に成功するとは言い切れません。
 
そこでおすすめなのが「事前審査」即日ファクタリングが利用できるよう、あらかじめ売掛債権(売掛金)を審査しておくこと。
 
実際に、No.1にも事前審査だけの依頼が数多く来てます。
事前の審査で買取可能と判断された場合、必要に応じて即日ファクタリングに対応できる可能性は十分あります。
 
また、審査が終わるとファクタリング買取手数料も提示されますので、ファクタリング手数料を知ることにより、ファクタリングを絡めた今後の資金繰り計画を立てることも可能。
もしファクタリングの事前審査を望まれる場合は、ぜひNo.1にご依頼ください。
弊社は業界最低水準の手数料で売掛債権(売掛金)を買取っておりますので、初めてご利用される方でも安針して取引ができます。
 
弊社が取り扱っているファクタリングの詳細については「No.1ファクタリングの特徴」をご一読ください。

即日ファクタリングの成功事例2選

ここまでで、即日ファクタリングを行うためのコツとファクタリング会社を紹介してきました。

でも、まだよくわからない点もあるかと思います。

そのため、ここからは即日ファクタリングを成功させた事例を紹介し、より具体的な即日ファクタリングするための工夫について知ってもらえたらと思います。

即日ファクタリング事例①:3,000万円の即日資金調達

東京で建設業をしている中川社長の即日ファクタリングの事例を紹介します。

中川社長は先代の社長から会社を引き継ぎ、今年で3年目。
会社自体は設立から40年と、それなりに歴史のある会社です。
年商も10億円を突破し、リーマンショック後から徐々に成長している会社でした。
 
中川社長は若手の採用・教育に力を入れており、会社が資金を担保するよりも可能性があるものに投資する経営スタイル。
設立以来、近年の成長率が最も高くなっていたのは、中川社長の経営スタイルが功を奏していたからでしょう。
 
一方、投資と収入のタイミングが合わず、一時的な資金調達として銀行や政策金融公庫からスポットでの借入を行うこともしばしば。
中川社長自身も、資金ショートしそうになれば借入をして、余裕があるときに繰り上げ返済すれば良いという考えでした。
 
実際に、会社自体も黒字経営だったため、中川社長はその点でも安心して経営していました。
 
しかし、とある月に最悪の事態が発生。
月末の1日前、買掛先企業や給料の振込手続きをしているときに3,000万円の資金が足りないと判明したのです
当初の予定では2,000万円の余裕があったはずが、経理社員の単純な入力ミスが原因であっという間に資金不足のピンチに直面しました。
 
とはいえ、今この経理社員を問いただしている場合ではありません。
急いでメインバンクに連絡して融資を打診したところ「さすがに今日の明日じゃ無理!」と断られてしまったそうです。

「もうファクタリングしかない!」と思った中川社長はNo.1に申し込み。
その当時、会社は下記のように即日ファクタリングに適した条件を満たしていたため、功を奏しました。
 

▼即日ファクタリングに適していた条件

  • 売掛先が大手ゼネコンだったので、契約書や請求書など売掛債権(売掛金)を証明する書類が完璧に揃っていた
  • 税金や社会保険料の滞納が一切なかった

 
「すぐにでも資金が欲しい!」との事で、中川社長に必要書類をお伝えして訪問してもらい、その場で契約書を作成して当日中に3,000万円をお振込しました。
ちなみに中川社長がNo.1を選んだ理由は「手数料が安くスピードが早そうだったから」との事。

それ以来、中川社長とのお付き合いはありませんが、毎年お中元や年賀状を頂いております。

即日ファクタリング事例②:200万円の即日資金調達

とある日の午前9時、No. 1の受付開始時間と同時にお客様から電話がありました。
電話は「200万円を今日ファクタリングして欲しい。今近くにいるので訪問しても良いか?」という内容。
幸い担当者の予定が空いていたため、相談することになりました。
 
スムーズにファクタリング契約が締結し、素早く資金調達に至った要因は、即日ファクタリングに有利な条件が重なっていたからです。
 

▼即日ファクタリングがスムーズだった要因

  • 事前にファクタリングの仕組みを理解していた
  • 審査に必要な書類が完璧に揃っていた
  • 契約に必要な印鑑なども全て持参していた
  • 売掛債権(売掛金)を証明するエビデンスとして、売掛先企業からのメールがあった

 
この方は、以前にも他社で数回ファクタリングを利用されていたとの事でした。
しかし、以前利用されていたファクタリング会社は手数料が高かったため、出来れば手数料の安い弊社と契約したかったとのこと。
 
弊社で1時間ほど検討した結果、その日に契約を締結して200万円を即日振込することになりました。
お客様がファクタリングのことをしっかり理解していたからこそ、短時間で成功した即日ファクタリングでした。
 
なお、弊社では建設業・製造業・他社からの乗り換えなど、さまざまなファクタリングを扱っております。
詳しくは「No.1ファクタリング事例」を参照して下さい。

 

まとめ|ファクタリングで即日資金調達をご希望の方へ

皆様の資金調達が成功するよう心より願っております。私ども株式会社No.1でも、ファクタリングで即日の資金調達は可能です。

弊社では、お客様のご要望や状況をしっかり把握したうえでご対応させて頂きます。
 
支払いは1分、1秒の遅れも許されません。
支払いが遅れるだけで会社はいろいろな信用を失い、大きな損害が出てしまうことも充分に考えられるのです。
この点を理解したうえで、お客様の立場に立ったファクタリングサービスの提供に努めております。
 
しかしながら、すべてのお客様のご要望にお応えできるわけではありません。

特に、即日ファクタリングは様々なハードルがあるため、ご要望に添えないケースも多々ございます。即日ファクタリングをご希望の場合、まずはお電話にてご相談ください。
 
ファクタリングのみならず、資金繰りの面でもアドバイスさせて頂きます。また、最後までこの記事をお読みいただき誠にありがとうございました。

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top