カテゴリー: ファクタリング

審査が甘いファクタリング会社を10社紹介!審査が甘いファクタリング会社の特徴も合わせて解説!

スピード査定依頼フォーム
「銀行融資やビジネスローンに断られても、ファクタリングなら利用できるって聞いたことがある」
 
「ファクタリングは審査が緩いみたいだけど、うちの会社でも利用できるのかな」
 
「なるべく審査に通りやすい会社を使いたいな」
 
色々ある資金調達方法の中でも、審査が柔軟で利用ハードルが低いファクタリング。
 
銀行融資やビジネスローンの審査を断られてしまった人でも、ファクタリングなら事業資金を調達できるかもしれません。
 
しかし、ファクタリングにも審査があるため、審査に通過できなければ利用は不可能。
 
なるべく早くしたい資金調達したいときは、特に審査に断られたくないですよね。
 
この記事では、

  • 審査に通りやすいファクタリング会社の紹介
  • 審査に通りやすいファクタリング会社の特徴とそのデメリット
  • ファクタリングの審査に通るためのポイント

を紹介します。
 
安心してファクタリングの審査に挑めるようになる上、納得のいくファクタリング利用ができるようになると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

審査が甘い?おすすめファクタリング会社10選

審査に通りやすいファクタリング会社を10社紹介します。

1,請求書先払いBIZ


 
請求書先払いBIZは、日本中小企業再生支援協会とアクセルファクターが共同で提供しているファクタリングサービス。
中小企業支援の専門家に無料で相談しながら利用できるという特徴があり、専門家のアドバイスを受けた上でファクタリングを利用することができるというメリットがあります。
専門家のアドバイスを受けることで、審査に通りやすい条件で申し込むことができるかもしれません。

2,アクセルファクター


 
請求書先払いBIZの提供元であるアクセルファクターも、審査に通りやすいファクタリング会社として知られている会社の一つ。
アクセルファクターの強みは、以下の3点です。

  • 圧倒的なスピード
  • 柔軟な審査
  • 少額取引への対応力

アクセルファクターはこの強みを活かした運営をしており、その審査通過率は驚異の93%
ファクタリング会社では珍しい少額取引も積極的に行っており、利用希望会社のほとんどが審査に通過できると言っても過言ではありません。
他のファクタリング会社では審査に通過できるか心配という方はアクセルファクターの利用を検討してみてください。

3,事業資金エージェント


 
少額のファクタリング利用が可能かつ審査が甘いファクタリング会社といえば事業資金エージェント。
事業資金エージェントは、以下の特徴があるファクタリング会社です。

  • 1,000万円以下ならば即日対応可能
  • 500万円以下ならば最短3時間で対応
  • 100万円以下の少額ファクタリングは95%の買取実績

20万円以上からの利用が可能で、1,000万円以下の利用では対面での面談も不要と、少額利用のお客様は特に審査に通りやすいと言えるでしょう。

4,えんナビ


 
えんナビは、個人事業主や少額債権の買い取りを希望している人におすすめなファクタリング会社。
法人を対象としているファクタリング会社が多い中、えんナビは個人事業主の利用に配慮している会社です。
個人事業主も対象にしている会社は審査も緩い傾向にあり、えんナビも例外ではありません。
個人事業主でなく、法人利用の方でも、財務的に大きな問題を抱えていたとしても問題なく利用できると良い評判があります。

5,ビートレーディング


 
ビートレーディングは、必要書類の少なさが特徴的なファクタリング会社。
ビートレーディングの必要書類は、以下の3点だけです。

  • ファクタリング申込書
  • 通帳コピー
  • 成因資料(請求書や注文書など)

累計契約者数は26,000社以上、累計買取額は688億円など、実績においてもファクタリング業界トップクラスであると言えるでしょう。
豊富な実績をもとに、通常断られてしまうような条件でも柔軟に対応してくれるかもしれません。

6,ウィット


 
ウィットは、小口専門のファクタリング会社。
利用金額の上限は設けていないものの、少額での実績が多く「小口専門だからこそきめ細やかな対応」を売りにしています。
基本的に大口債権をファクタリングする場合、回収不能リスクに備え、ファクタリング会社は慎重に審査しなければなりません。
逆に、少額のファクタリングは柔軟に審査しやすい案件。
ウィットのように小口専門のファクタリング会社ほど、少額ファクタリングの審査に通りやすい傾向があります。

7,オッティ


 
オッティの特徴は、24時間365日繋がるホットラインを設けていること。
他のファクタリング会社でも「24時間365日申し込み受付」とする会社は多いのですが、メールや申し込みフォームをでの受付に限られ、実際の対応は平日に限られるケースが少なくありません。
 
しかしオッティでは、電話での相談を常に受け付けています。このような細かな対応は、当然ながら審査の柔軟性にもつながります。
公式サイトで「マニュアル通りの対応はいたしません」と宣言していることも好印象。
そのためオッティは柔軟な審査が期待できるといってよいでしょう。

8,アクティブサポート


 
アクティブサポートは、リピート率・サービス乗換実績・口コミ人気が高いファクタリング会社。
リピート率やサービス乗換実績を売りにするファクタリング会社は、以下の理由によって審査が甘い傾向があります。

  • 審査が甘く、安心して資金調達できる⇒リピート率が高い
  • 他社で審査に落ちた売掛金でも、審査に通る可能性が高い⇒サービス乗換実績が多い

また、アクティブサポートはオンラインファクタリングサービスのQuQuMoと提携しています。
後述の通り、オンライン完結のファクタリングサービスも、審査が甘くなる場合が多いため、この意味でも審査に通りやすいといえるでしょう。

9,MSFJ


 
MSFJは、審査通過率90%を誇るファクタリング会社。
300万円以下を対象とする「クイックファクタリング」の場合、1営業日以内に確実に審査が完了し、なおかつ手数料が3.8?9.8%に設定されています。
審査が甘いファクタリング会社は手数料が高い傾向がありますが、MSFJは審査が甘く、なおかつ手数料が安いことが特徴。
審査に必要な書類が少ないことも、利用会社にとっては嬉しいメリットです。

10,OLTA


 
OLTAは、日本マーケティングリサーチ機構のブランドイメージ調査において、「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」の第1位に選出されたファクタリングサービス。
オンラインファクタリングに特化しており、オンライン完結ゆえの審査の甘さが期待できます。

  • メガバンク3社とも提携している
  • 新生銀行と共同でファクタリングサービス「anew」を提供している

などの特徴から、安心して利用できることも特徴の一つです。

審査が甘いファクタリング会社の特徴7つ

上記10社のファクタリング会社には、共通する特徴があります。
共通する特徴を解説しますので、審査が甘いファクタリング会社選びの参考にしてみてください。
その特徴とは、以下の7つ。
 

1,個人事業主の利用を推奨している

ファクタリング会社によって、個人事業主が利用できるかどうかは異なります。
 
基本的には、以下のような傾向があります。

  • 個人事業主に対応している⇒柔軟な審査ができる
  • 個人事業主に対応していない⇒柔軟な審査ができない

個人事業主が利用できるかどうかが関係するのは、ファクタリング会社のリスクが利用者の事業形態よって大きく変わるから。
 
ファクタリング会社は、個人事業主特有のリスクに配慮する必要があります。

  • 法人よりも責任感が乏しく、回収時に使い込みなどの問題が生じやすい
  • 個人事業主の財務は事業主個人の家計と密着しており、財務悪化のリスクが高い
  • 個人事業主は業容が小さいため、少額のファクタリング依頼が多く採算性が悪い

個人事業主を推奨しているファクタリング会社は、このような大きな問題に対応できるのですから、審査が柔軟な傾向があります

2,審査から入金までオンラインで完結できる

オンラインで完結できるかどうかも、審査の柔軟性に影響します。
実はオンラインで完結できるファクタリングサービスは、それほど多くありません。
これは、オンラインファクタリングの導入にコストや手間がかかるためです。
 
例えば、オンラインファクタリングではAI審査を行いますが、AIの導入にはコストがかかります。
人間が審査すれば、リスクを過大に評価したり、恣意的に判断したりすることで審査に落ちることも。
一方AI審査では機械的に審査するため、一定水準を満たす売掛金ならば確実に審査に通ることでしょう。
 
「売掛先に問題がないのに審査に落ちた」という場合には、オンライン完結のファクタリング会社を利用することで、簡単に審査に通る可能性が高くなります。

3,3社間ファクタリングがある

ファクタリング方式には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。
このうち、審査に通りやすいのは3社間ファクタリング。
 
3社間ファクタリングでは、売掛先も含めてファクタリング契約を結びます。
そのためファクタリング会社は、2社間ファクタリングに伴う以下のリスクを回避しやすくなります。

  • 利用会社の情報だけで売掛金の存在を把握しなければならない(売掛先に確認できず、架空債権や不良債権のリスクがある)
  • 売掛先から直接回収できない(利用会社が債権回収業務を代行するため、使い込みなどのリスクがある)

ファクタリング審査の通りやすさは、未回収リスクに大きく影響されるため、リスクが低い3社間ファクタリングの方が審査に通りやすい傾向があります。
 
中小ファクタリング会社の中には、3社間ファクタリングに対応していない会社も多いですが、あえて3社間ファクタリングに対応している会社を選ぶのも良い方法でしょう。
 

4,入金までにかかる時間が短い

入金までのスピードにも注目しましょう。
 
実は、ファクタリング会社によって対応スピードは様々。
数時間で入金できるスピード対応の会社もあれば、2社間ファクタリングであるにもかかわらず数日を要する会社もあります。
 
審査が甘いファクタリング会社を選ぶには、できるだけスピーディな会社を選ぶのがポイント。
 
ファクタリングを申し込んでから入金に至るまでの手続きのうち、最も時間を要するのは審査です。
書類のやり取りや契約書への署名捺印など、審査以外の手続きは、特に時間を要するものではありません。
 
そこで、入金までのスピードを上げるには、いかに簡易的な審査をするかが重要となります。
したがって、入金までのスピードが速いほど、審査が簡易的で甘い傾向にあるでしょう。
 

5,必要書類が少ない

入金までのスピードに合わせて、必要書類の点数もチェックしてみましょう。
 
ファクタリングの利用を時間をかけて厳しく審査するには、たくさんの書類が必要です。
 
銀行に新規融資を申し込むときをイメージしてみてください。
多くの書類を求められ、コンサルタントに書類対策を依頼する会社もあるほど、必要書類は多いです。
これは新規融資の判断をする際に、特に厳しい審査が必要になるため。
書類が少なければ、厳しく審査することはできません。
 
つまり「必要書類が少ない=厳しく審査できない=審査が簡易的で甘い」と考えられます。
審査が甘いファクタリング会社を選ぶ際には、必要書類が多いか少ないかも確認しましょう。
 

6,決算書・納税証明書が不要

ファクタリングの際には、決算書や納税証明書を求められることがあります。
このうち決算書は基本的に求められますが、納税証明書を求められることはあまりありません。
 
ファクタリング審査では売掛先の経営状況が重要であり、利用会社の経営状況はあまり重要視されない傾向があります。
 
とはいえ、利用会社の経営状況を簡単に把握するファクタリング会社がほとんど。

  • 差し押さえの危険はないか?(回収時にトラブルが起きないか?)
  • 売上に対してファクタリングの利用金額が大きすぎないか?(架空債権が含まれていないか?)

などの未回収リスクにつながる要因をあらかじめ探ります。
 
このようなリスクは、売掛先の経営状況以前の問題であるため、多くのファクタリング会社が決算書の提出を求めます。
逆に言えば、利用会社の決算書さえ求めないファクタリング会社は、かなり柔軟で甘い審査をしていると考えられます

7,高い手数料

最後に、手数料の高さで審査の通りやすさがわかります。
 
上記でピックアップした会社の中には、審査が甘く、なおかつ手数料が安いファクタリング会社もありました。
しかし、審査が甘いファクタリング会社ほど、基本的に手数料は高くなります。
 
ファクタリングに限りませんが、サービスを提供する上でリスクとリターンのバランスが重要。
 
リスク・リターンのバランスは、このように考えます。

  • ハイリスクな案件ならば、リターンを高めることでバランスを取る必要がある
  • ローリスクな案件ならば、リターンを引き下げてもバランスが取れる

審査が甘いファクタリングには、

  • ハイリスクな個人事業主の売掛金にも対応している
  • 簡易審査によって入金までのスピードを高めている
  • 必要書類が少なく(決算書さえ求めず)、簡易審査を実現している

などの特徴があります。
 
これらの特徴は、ファクタリング会社のリスクを高めることでしょう。
特に、簡易的な審査であるほど、審査の精度が落ちて回収不能リスクが高まることを避けられません。
 
審査を甘くした分、リスクとリターンを考慮しなければ、ファクタリング会社の経営は破綻してしまいます。
 
このような関係から、審査が甘いファクタリング会社は基本的に手数料が高く、手数料設定を上限の記載なく表記しているケースも多いです
 

審査が甘いファクタリング会社を利用するデメリットを4つ紹介

「審査が甘い」と聞けば、利用会社にとって大きなメリットに感じますよね。
しかし、審査の甘さはメリットだけではなく、デメリットもあるんです。
ここからはデメリットを4つ紹介します。

1,手数料が高くなりやすい

審査が甘いファクタリング会社では、手数料が高くなりがちです。
 
審査が甘いほど、ファクタリング会社の売掛金未回収リスクが高まるため、そのリスクに対処するために手数料を引き上げています
 
融資の場合で考えてみてください。
経営内容が極めて良い会社に融資するならば、貸し倒れリスクが低いため、銀行は年利1%台などの低金利で貸し付けることができます。
一方で、経営内容が悪い会社に融資するならば、年利15?18%といった高金利で貸し付けないとリスクに対応できません。
 
そのため、審査が甘い場合には手数料が高くなる場合がほとんど。

2,売掛先にファクタリングの利用を知られてしまう

審査が甘い会社の特徴でも述べましたが、3社間ファクタリングを利用することによって審査に通る可能性が高くなります。
 
3社間ファクタリングは自社・売掛先・ファクタリング会社の3社間で取引する契約形態です。
これに伴って、

  • 自社から売掛先へ債権譲渡を通知し、承諾を得る
  • 売掛先とファクタリング会社がファクタリング契約を結ぶ

などの手続きをしなければいけません。
 
つまり、3社間ファクタリングを利用すれば、ファクタリングの利用を売掛先に知られてしまいます。
売掛先の考え方次第では、自社の経営悪化を疑われ、今後の取引に影響するかもしれません。

 
もちろん、売掛先が債権譲渡を承諾しないあるいはファクタリング契約に応じないといったトラブルによって、3社間取引が成り立たなくなるケースもしばしば。
このような事態に陥ると、いくら審査が甘いファクタリング会社を選んだところで意味はなく、むしろ審査に不利な状況に陥る危険もあるでしょう。
 

3,無理な取引をすすめられることがある

審査の甘さだけを重視した結果、ファクタリング会社選びに失敗して無理な取引を持ち掛けられることがあります。
 
審査の甘さを重視する利用会社は、以下のような問題を抱えていることも。

  • 売掛先の信用力が低く、なかなか審査に通らない
  • 資金ショートの危険があり、なんとしても審査落ちを避けたい

資金調達を焦って「多少条件が悪くても審査に通ればいい」という考えに陥ると、契約条件が厳しい状態で契約を結んでしまうリスクがあります。
中でもよくあるのが、高額の手数料を請求されるケース。
 
もっとも、優良ファクタリング会社を利用している限り、このような危険はほとんどありませんので、審査に通りやすい会社を選ぶか、安全に優良な会社を選ぶかは慎重に検討しましょう。

4,悪徳業者に騙される可能性

甘い審査で利用を促し、法外な手数料を請求するファクタリング会社は、悪質業者といえるかもしれません。
 
しかしファクタリング業界で「悪質業者」と言われる会社は、もっと深刻で違法性のある業者を指します。
特にファクタリングを装ったヤミ金業者。
 
悪質業者は審査の甘さだけではなく、様々なメリットを謳って利用を促し、最終的には「好条件でのファクタリング」ではなく「違法金利での貸付」を行います。
 
違法金利での貸付を行う場合に多いのが、償還請求権付きのファクタリング契約を結ぶパターン
償還請求権とは、売掛先の倒産などによって売掛金が回収不能になった場合、ファクタリングの利用会社に買い戻しを請求できる権利を指します。
償還請求権を付けないことがファクタリングの基本条件であり、償還請求権付きのファクタリングは貸金業にあたります
 
つまり全く審査せずにハイリスクな売掛金を買い取ったとしても、業者側にリスクはありません。
審査が甘いファクタリングの背景には、このようなカラクリが潜んでいることがあります。
悪質業者には十分注意してください。

優良なファクタリング会社の審査に通るためのポイント

審査が甘いファクタリング会社にはデメリットも多く、優良とは言い難い業者も少なくありません。
 
ファクタリングを経営に役立てるためには、審査の甘さを過度に重視せず、優良ファクタリング会社を利用するのがおすすめ。
ここからは、優良ファクタリング会社の審査に通るためのポイントを4つ紹介します。
 

1,信用力の高い売掛先を選ぶ

ファクタリング審査のカギを握るのは売掛先の信用力です
 
売掛金の信用力さえ問題なければ、審査が厳しいファクタリング会社でもよっぽどのことがない限りは審査に通ることでしょう。
優良ファクタリング会社の審査に通るためには、信用力の高い売掛先を選ぶことを意識してください。
 
また「信用力が高い」とは「経営が健全である」ことと言えます。
例えば長期間にわたって取引を継続し、売掛金の支払いに一度も遅れたことがない売掛先であれば、業績・財務の安定性が高く、経営も健全であると考えられます。
 
そのような売掛先の売掛金は、ファクタリング会社にとっても回収不能リスクが低いので、安心して買い取ることが可能です。
 

2,支払いまでの期間が短い売掛金を選ぶ

売掛金が支払われるまでの期間も重要
 
この期間によって、ファクタリング会社のリスクは以下のように変動します。

  • 支払いまでの期間が長い⇒買い取りから回収までの期間が長い⇒ファクタリング会社の資金繰り負担が大きく、回収までの間に売掛先の経営が悪化する危険が高い
  • 支払いまでの期間が短い⇒買い取りから回収までの期間が短い⇒ファクタリング会社の資金繰り負担が小さく、回収までの間に売掛先の経営が悪化する危険がない

例えば、支払い期日が買取りの1週間後であれば、ファクタリング会社の資金繰り負担は1週間に過ぎず、買取日から回収日までの間に売掛先の経営が急変することも少ないでしょう。
 
逆に、支払い期日が2ヶ月後であればどうでしょうか。
2ヶ月間の期間がある場合、ファクタリング会社の資金繰り負担は大きくなり、売掛先の経営悪化も想定して審査しなければなりません。
このような違いにより、支払いまでの期間が短い売掛金ほど、優良ファクタリング会社の審査に通りやすくなるでしょう。

3,3社間ファクタリングを利用する

ファクタリング方式は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つ。
このうち、優良ファクタリング会社の審査に通りやすいのは3社間ファクタリング
 
すでに解説した通り、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べてリスクが低い傾向があります。
しかし中小企業の多くは、売掛先にファクタリングの利用が知られない2社間ファクタリングを選びます。
 
しかし信用悪化のリスクは売掛先によって大きく変わり、例えばファクタリングに理解のある売掛先であれば信用を損なわないかもしれません。
売掛先の理解を得られるならば、優良ファクタリング会社で3社間ファクタリングの利用も検討しましょう。
 
3社間ファクタリングは手数料も安く、審査以外のメリットも期待できます。

4,書類の準備を念入りに

審査が甘いファクタリング会社は、必要書類が少ない傾向があります。
 
必要書類を減らそうとする動きは、ファクタリング業界全体に見られ、優良ファクタリング会社だからといって必要書類が多いとは限りません。
 
ですが審査が甘くデメリットも多いファクタリング会社に比べると、優良ファクタリング会社の方が必要書類は基本多いでしょう。
そして必要書類が多くなれば、書類の準備に手間がかかり、書類の不備も起こりやすくなります。
 
そのため優良ファクタリング会社の審査に通るためには、書類の準備を念入りに行うことが大切。
良い方に考えるならば、多くの書類を求められるということは「売掛金の健全性をアピールする機会が多い」とも言えます
 
そこで、以下のように、資料を充実させることを意識しましょう。

  • 成因資料として提出を求められた請求書のほかに、請求書と納品書も提出する
  • 売掛先との取引実績を確認するための過去半年分の入金明細を求められたが、過去1年間の入金明細を提出する

このような工夫によって、審査に通りやすくなることでしょう。

まとめ

この記事では、審査が甘いファクタリング会社とその特徴について詳しく解説しました。
 
審査が甘いファクタリング会社の具体例や共通点を知ることにより、審査が甘い仕組みを理解できましたか?
 
審査に通りやすいことは、メリットばかりではありません。
 
手数料が高くなったり、悪質業者に騙されるリスクがあったり、懸念すべき点はあります。
 
ファクタリングを利用する際は、

  • 特に審査が甘いわけではなく、厳しいわけでもなく、
  • 利用会社・売掛先・利用条件などに合わせて適切な審査を実施し、
  • ファクタリング条件も過不足ない

という状態を理想として利用を検討しましょう。
 
このような審査を期待できるのは、優良ファクタリング会社だけです。
 
優良ファクタリング会社が見つからずに困っている方は、ぜひNo.1にご相談ください。
 
スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top