株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > 【保存版】ファクタリングで即日資金調達するためには?

カテゴリー: ファクタリングについて

【保存版】ファクタリングで即日資金調達するためには?

【保存版】ファクタリングで即日資金調達するためには?

今回はファクタリングで即日資金調達をご希望のお客様向けに「即日ファクタリング」について詳しくご説明します。

事業を営んでいる以上、急な資金調達が必要になることは少なくはありません。

GoogleやYahoo!の検索ワードボリュームでも「ファクタリング 即日」というキーワードで毎月多くのお客様が検索されています。

それだけ「即日ファクタリング」の需要が高いと言えます。

結論からですが「即日ファクタリング」は可能です。

もちろん私ども、株式会社No.1でも可能です。

ただし、「即日ファクタリング」を行うにはいろいろな条件があります。

それでは、「即日ファクタリング」について詳しく説明させていただきます。

ファクタリングは他の資金調達方法と比べて資金調達までのスピードが格段に早い

ファクタリングは、銀行や政策金融公庫からの借入、ノンバンクのビジネスローン、クラウドファンディングなど他の資金調達方法と比べて格段に資金調達までのスピードが早いです。

ファクタリング(2社間)の場合、即日(1日)〜長くとも1週間で資金調達が可能です。

詳しい統計はわかりませんが、ほとんどの場合が1週間以内に資金調達できるので、平均して5日程度でしょうか。

それに対して銀行や政策金融公庫の融資は一般的に2週間〜2ヶ月ぐらい資金調達までの期間がかかってしまいます。

ノンバンクのビジネスローンでも1週間〜1ヶ月位は資金調達までにかかります。

クラウドファンディングに関しては最低1ヶ月以上長ければ6ヶ月かかってしまう場合があります。

このようにファクタリングは資金調達までのスピードが他の資金調達方法と比べて格段に早いです。

ファクタリングは即日資金調達できる数少ない資金調達方法の一つです。

では、なぜファクタリングは資金調達までの時間が早いのでしょうか?

そして、なぜファクタリングで即日資金調達が可能なのでしょうか?

そこを説明する前に、銀行や政策金融公庫、ビジネスローンが資金調達までに時間がかかってしまう理由について説明します。

銀行や政策金融公庫、ビジネスローンが資金調達まで時間がかかる理由

銀行や政策金融公庫、ノンバンクは、『融資』です。

数百万〜数千万円の資金を融資し債務者は数年をかけて返済していきます。

銀行、政策金融公庫、ノンバンクが重視する判断基準は、融資した資金が返済できる能力があるか?

融資をした会社が融資期間中に存続していけるか?

仮に倒産した場合、保証人に返済能力があるか?

などの観点から融資するか否かを判断します。

融資した前提で数ヶ月後には倒産してしまいそうな会社には融資はしにくいですし、業界自体が下火で年々業績が下がってきているような会社にも融資はしづらいです。

銀行、政策金融公庫、ノンバンクは、決算書類と経営計画書(事業計画書)、試算表などを見て色々な側面から審査します。

とても、1日や2日で判断できるような内容ではありません。

もし、貸し倒れするようなことになれば、銀行やノンバンクなどは、損害が発生することになります。

銀行などは貸し倒れ件数が多くなると金融庁に対してもイメージが良くありません。

なので、審査は慎重に行います。

まず、即日融資なんてことはありえません。

このように銀行やノンバンクなどが資金調達までのスピードが遅い理由はおわかりになられましたでしょうか?

それではファクタリングが資金調達までのスピードが早い理由(即日の資金調達が可能な理由)についてご説明していきます。

ファクタリングが資金調達までのスピードが早い理由(即日の資金調達が可能な理由)

まず、第一にファクタリングは資金調達の方法ですが融資ではありません。

融資ではないので前項で述べたような銀行や政策金融公庫、ノンバンクのビジネスローンとは審査方法が全く違います。

ファクタリングについて簡単に説明すると、お客様がお持ちの売掛債権(売掛金)を支払い期日前にファクタリング会社が買取して、資金化するサービスです。

売掛債権(売掛金)についても簡単に説明します。

お客様が売掛先企業に商品やサービスを提供した場合、その対価として代金を支払ってもらう権利を売掛債権(売掛金)と言います。

簡単に言ったら、ファクタリングとは売掛債権(売掛金)の買取サービスです。

なので、融資ではありません。

融資ではなく買取サービスなので、審査スピードが格段に早いのです。

例えば、いらなくなった携帯電話を売却して現金化するのは即日可能ですよね?

むしろ、10分もあれば現金化できます。

最近は、個人向けの即日キャッシングも増えてはきていますが、10分で借入はできないと思います。

この例と同じような感覚でファクタリングも売掛債権(売掛金)の買取なので資金調達までのスピードが早いのです。

次にファクタリングはどのような審査をするか見ていきましょう。

ファクタリング会社が審査で重視するのは、買取った売掛債権(売掛金)が回収できるか否かです。

次の項で審査について詳しく説明していきます。

ファクタリングの審査とはどのようなものか?

先程もご説明したように、ファクタリングの審査は買取った売掛債権(売掛金)が回収できるか否かで判断します。

2社間ファクタリングの場合、大きく分けて2つの観点から審査します。

1つは売掛債権(売掛金)の信用度です。

極端な話、本当にその売掛債権(売掛金)が存在するかから確認します。

売掛債権(売掛金)は携帯電話やパソコン、ブランド品のバックとは違い目に見えません。

絶対にあってはいけないことですが、架空の売掛債権(売掛金)でファクタリング審査を通すことも出来てしまいます。

過去に、架空の売掛債権(売掛金)でファクタリング契約を行い後から架空だったことが判明してトラブルになったケースは多数あります。

なので、ファクタリング会社は本当にその売掛債権(売掛金)があるのか?

まずは疑ってかかるスタンスの会社も多いのが現状です。

売掛債権(売掛金)の審査がどのようなものかは後ほどご説明いたします。

2点目は、売掛債権(売掛金)が入金されたとして、その金額が無事にファクタリング会社に戻ってくるか否かで判断します。

売掛債権(売掛金)が入金されても戻ってこないことがあるの?

と思われた方もいらっしゃると思います。

入金があった売掛債権(売掛金)を故意にファクタリング会社に払わないケースは別にして、税務署や社会保険事務所、自治体から入金と同時に差し押さえされるケースがあります。

税金や社会保険料を滞納して放置していた場合、銀行口座に残高があればその残高を差し押さえますが、滞納している企業には残高がないケースが多いです。

そのような場合、税務署や社会保険事務所は、売掛債権(売掛金)を差し押さえます。

過去にファクタリングの審査をされたことがある方はご存知だと思いますが、税金や社会保険料の滞納はありますか?

ある場合は、税務署や社会保険事務所などに行って支払い計画(分納計画)を立てていますか?

と聞かれます。

また、審査時に納税証明書や社会保険料の支払い証明書の提出を求められることがあります。

2点目の基準は売掛債権(売掛金)が差し押さえされるリスクがないかで判断します。

売掛債権の審査方法

先程もご説明しましたが、ファクタリング会社はどのような基準で売掛債権(売掛金)を審査するのでしょうか?

まず、売掛債権(売掛金)があることを確認します。

売掛債権(売掛金)を証明するものとして、売掛先企業との契約書、見積書、発注書、受注書、請負書、納品書、納品完了書、施工完了書、請求書、担当者とのメールのやり取りなどがあります。

これらの書類を見て売掛債権(売掛金)を確認します。

しかし、これらの書類は、偽造しようと思えば比較的簡単に出来てしまいます。

ファクタリング会社に偽造書類で審査を通したケースは過去に多数ありました。

ファクタリング会社が怪しいと感じた場合、他にも色々なエビデンス(証拠)の提出を求められるケースがあります。

ファクタリング会社がようやく売掛債権(売掛金)が本当にあると判断した後に、本当に売掛債権(売掛金)が支払期日に振込まれるか審査をします。

審査対象が、売掛債権(売掛金)から実際に支払を行う売掛先企業に変わっていきます。

売掛先企業の倒産や仕事上のトラブルで売掛債権(売掛金)が入金されないケースは少なくはありません。

もし、売掛先企業から入金されなかったらファクタリング会社の損害になってしまいます。

ファクタリング会社は売掛債権(売掛金)の未回収は絶対に避けようとします。

なので、ファクタリング会社はそこを慎重に判断します。

後ほど詳しく説明しますが、毎月継続的な入金がある売掛先企業や有名企業、上場企業の売掛債権(売掛金)は比較的審査に通りやすいです。

逆に、はじめての取引企業や小規模の企業、個人事業主からの売掛債権(売掛金)では審査に通りづらいです。

2社間ファクタリングは即日資金調達が可能だが3社間ファクタリングはほぼ不可能!?

ファクタリング会社が即日振込可能とか即日買取可能などをうたっているのは2社間ファクタリング限定でうたっています。

それはなぜでしょう?

この記事を見ている方はご存知だと思いますが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組みと違いについて簡単に説明します。

2社間ファクタリングの仕組み(即日資金調達が可能)

2社間ファクタリングはお客様とファクタリング会社の2社間で契約するファクタリングです。

ファクタリング会社が、買取対象の売掛債権(売掛金)を買取れると判断した場合、お客様とファクタリング会社で契約を行い即日買取して資金化することが出来ます。

したがって、2社間ファクタリングは、即日資金調達が可能です。

3社間ファクタリングの仕組み(即日資金調達はほぼ不可能)

3社間ファクタリングは、お客様、売掛先企業、ファクタリング会社の3社間で契約を行います。

お客様から3社間ファクタリングで売掛債権(売掛金)の買取依頼が来た場合、ファクタリング会社が売掛債権(売掛金)を買取れると判断した後に、ファクタリング会社から売掛先企業へ売掛債権(売掛金)譲渡の同意の確認をおこないます。

この確認は、郵送(内容証明郵便)で行われることが多くこれに時間を費やしてしまいます。

また、契約も3社間で行うため、書類のやり取りでも時間がかかってしまいます。

3社間ファクタリングでは、即日資金調達はほぼ不可能とお考えください。

ファクタリングで即日資金調達をするには会社選びも重要!?

ファクタリング会社のホームページを見ると即日資金調達可能とか、最短翌日振込可能など、早く資金調達ができることが書いてあります。

まず、即日のファクタリングを希望される場合は、即日対応可能なファクタリング会社を選ぶことが第一条件です。

仮に即日資金調達が可能であってもファクタリング会社の混み具合や対応できる担当者の有無、来社対応ができない場合などがあり即日資金調達できないケースは少なくはありません。

このようなことがないよう、ある程度規模感の大きなファクタリング会社を選択するのがいいでしょう。

即日ファクタリングを実行するには事前準備をしておく

即日ファクタリングを実行するには事前に書類等の準備をしておく必要があります。

先程もお話ししたようにファクタリングの審査には数多くの書類が必要になります。

審査がスムーズに進むよう可能な限り必要になるであろう書類を事前に準備してください。

また、印鑑証明や納税証明書は役所(関係機関含む)に行かなくては取れませんので取りに行くだけでもタイムロスになってしまいます。

事前に取得しておくことをお勧めします。

下記にファクタリングの審査に必要な書類をまとめておきます。

・決算書(2~3期分)
・登記簿藤本(会社謄本)
・印鑑証明書(法人)
・代表者身分証(運転免許・パスポートなど)
・納税証明書
・社会保険料払い込み証明書
・通帳コピー(保有している全ての口座、尚且つ過去3ヶ月分)
・売掛債権(売掛金)を証明する書類(契約書、見積書、発注書、受注書、請負書、納品書、請求書など)

即日ファクタリングを希望ならファクタリング会社に直接訪問した方がいい?

即日ファクタリングを希望であればファクタリング会社に直接訪問した方がいいです。

ファクタリング自体は簡単な売掛債権(売掛金)の買取サービスですが、書類は複雑です。

ファクタリング会社はお客様ごとに契約書類をパソコンで作成しております。

ファクタリング会社に訪問した場合、その場で契約書類を作成してもらえることもあるので即日のファクタリングが可能です。

お客様の会社にファクタリング会社がご訪問した場合は、その場で書類確認や上席の決済が取れなかったりで即日ファクタリングができない可能性が高まります。

1度利用したことがあるファクタリング会社なら即日ファクタリングができる可能大

過去に利用したことがあるファクタリング会社でしたら、即日ファクタリングができる可能性が高いです。

尚且つ、前回ファクタリングをした時と同じ売掛先企業の売掛債権(売掛金)なら即日ファクタリングできる可能性が更に上がります。

また、審査には通過したがファクタリングを行わなかったことのあるファクタリング会社も同様に即日ファクタリングできる可能性が高いです。

即日ファクタリングをするために定期的に事前審査をしておくのも一つの方法です。

事業を営む上で急に資金調達が必要になる場合は少なくありません。

最悪、当日中に資金が必要になるケースも考えられます。

そうなったときに、即日資金調達ができればいいのですが、必ずできるものではありません。

即日ファクタリングもできる可能性がありますが、先程からご説明していますように可能性が高いわけではありません。

急な資金調達が必要になったとき、即日ファクタリングができるよう売掛債権(売掛金)を前もって審査しておくことも一つの手段です。

私ども株式会社No.1にも事前審査だけの依頼も多数来ております。

事前に審査をして買取可能でしたら即日ファクタリングができる可能性も十分にあります。

また、審査が終わるとファクタリング買取手数料も提示されますので、ファクタリング手数料を知ることにより、ファクタリングを絡めた今後の資金繰り計画を立てることができます。

ファクタリングの事前審査は、是非、株式会社No.1ご依頼ください。

弊社は業界最低水準の手数料で売掛債権(売掛金)を買取っております。

皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。

少額の売掛債権(売掛金)は即日ファクタリングできる可能性が高い!?

ファクタリング会社も営利企業です。

売掛債権(売掛金)を買取って万が一回収できなかった場合、全額ファクタリング会社の損害になってしまいます。

仮に5000万円の売掛債権(売掛金)を買取った場合、仮に回収できなかった場合は、一発で5000万円の損害になってしまいます。

考えただけでぞっとしますね。

小規模のファクタリング会社ならこれだけで倒産してしまいます。

売掛債権(売掛金)の金額が大きければ大きいほどファクタリング会社は審査に慎重になってしまいます。

数千万円の売掛債権(売掛金)を即日買取ってもらうことは、よほどの条件が揃っていないと難しいです。

逆に100万円程度の売掛債権(売掛金)なら、売掛債権(売掛金)がしっかりしていれば即日ファクタリングできる可能性は高まります。

そもそも、即日ファクタリング希望ということにならないように、余裕を持った資金繰り計画を立ててください

資金繰りが悪化して即日ファクタリングが必要になることが避けれないケースはありますが、多くの場合、事前の計画により即日ファクタリングが必要になることを回避できると考えます。

余裕を持った資金繰り計画や経営計画を立てることで最悪の事態が避けられることもあります。

また、リスクを考えた経営をすることにより万が一の資金を担保しつつ攻めの経営ができると思います。

今回、即日ファクタリングができたお客様や、今、即日ファクタリングを希望されているお客様は、事態が解消されたら今一度、資金繰り計画や経営計画を見直してください。

そして、万が一のリスクを回避するためにある程度の資金は担保しておいた方がいいでしょう。

この万が一の資金を調達するのもファクタリングが使えます。

資金繰り改善やリスクマネージメントのアドバイスができるアドバイザーが私ども株式会社No.1には、在籍しておりますのでファクタリング以外のことでもお気軽にお問い合わせください。

即日ファクタリングの事例

東京で建設業をしている中川社長の即日ファクタリングの事例です。

中川社長は、先代の社長から会社を引き継ぎ、今年で3年目になります。

会社自体は、設立から40年とそれなりに歴史のある会社です。

年商も10億円を突破してリーマンショック後から、僅かながらですが成長している会社です。

中川社長は、若手の採用、教育に力を入れており、会社が資金を担保するよりも可能性があるものに投資するスタイルの経営でした。

その影響で近年の成長率は設立以来最も高いものとなっております。

また、投資と収入のタイミングが合わず一時的な資金調達として、銀行や政策金融公庫からスポットでの借入を行うこともしばしばありました。

中川社長自身も、資金ショートしそうになれば借入をして、余裕があるときに繰り上げ返済すればいいというお考えでした。

また、会社自体も黒字経営でしたので、中川社長はその点でも安心していました。

しかし、とある月、最悪の事態が起こってしまったのです。

月末の1日前、買掛先企業や給料の振込手続きをしているときに3000万円資金が足りないということが判明しました。

当初の予定では、2000万円の余裕があるはずでした。

なぜこのような事態になったかというと、経理社員の単純入力ミスによるものでした。

今、この経理社員をどうこうしている場合ではありません。

中川社長はメインバンクに融資の打診の連絡をしましたが、さすがに今日の明日じゃ無理と断られてしまいました。

もう、ファクタリングしかないと思い、弊社株式会社No.1にお申し込み頂きました。

中川社長はファクタリングを利用したことはなかったのですが、仕組みなどは知っておりました。

中川社長の売掛債権(売掛金)は、大手ゼネコンの売掛債権(売掛金)でしたので何の問題もなく、契約書や請求書など売掛債権(売掛金)を証明する書類は完璧なぐらい揃っておりました。

中川社長の会社は、もちろん税金滞納や社会保険料の滞納は一切ありません。

すぐにでも、資金が欲しいとの事でしたので中川社長に必要書類をお伝えしてご来社していただきその場で契約書を作り当日中に3000万円をお振込しました。

これが中川社長の即日ファクタリング事例です。

ちなみに、中川社長が弊社株式会社No.1を選んだ理由は、手数料が安くスピードが早そうだったからとの事でした。

それ以来、中川社長とのお付き合いはありませんが、毎年、お中元や年賀状を頂いております。

とても気持ちのいいファクタリング取引でした。

即日ファクタリングの事例②

こちらの事例は、お客様の情報などは伏せさせて頂きます。

また、弊社株式会社No.1目線でご紹介させて頂きます。

とある日の午前9時にお客様からお電話を頂きました。

午前9時は弊社の受付開始時間です。

お電話の内容は

「200万円を今日ファクタリングしてほしい。今近くにいるので訪問してもいいか?」

といった内容でした。

幸い弊社の担当者も予定があいていたため、ご来社して頂きまして商談することになりました。

まず、そのお客様はファクタリングの仕組みを理解しており審査に必要な書類が完璧に用意されており、尚且つ契約に必要な書類や印鑑も全て完備しておりました。

聞けば、以前にも他社で数回ファクタリングを使われていたとの事でした。

しかし手数料が高く出来れば手数料の安い弊社と契約したかったとの事です。

また、売掛債権(売掛金)を証明するエビデンスとして、売掛先企業からのメールも見せて頂き確認も出来ました。

弊社で1時間ほど検討した結果、その日に契約を締結して即日振込することになりました。

お客様がファクタリングのことをしっかり理解していたから出来た即日ファクタリングでした。

ファクタリングで即日資金調達をご希望の方へ

私ども株式会社No.1でも、ファクタリングで即日資金調達は可能です。

私どもは、お客様のご要望や状況をしっかり把握してご対応させて頂きます。

支払は1分、1秒の遅れも許されません。

支払が遅れるだけで会社はいろいろな信用を失い、大きな損害が出てしまうことも充分に考えられます。

そのことを理解しているからこそ、お客様の立場に立ったファクタリングサービスの提供に努めております。

しかしながら、すべてのお客様のご要望にお応えできるわけではありません。

特に、即日ファクタリングは、いろいろなハードルがあるため、ご要望に添えないケースも多々あります。

もし、即日ファクタリングをご希望の場合は、一度ご相談ください。

ファクタリングのみならず資金繰りの面でもアドバイスさせて頂きます。

焦られるお気持ちも理解しておりますが、まず、お電話ください。

皆様からのご連絡心よりお待ちしております。

また、最後までこの記事をお読みいただき誠にありがとうございます。

ファクタリングでの即日資金調達をご希望の皆様に少しでもお役に立てばと考えております。

皆様の資金調達が成功するよう心より願っております。