ファクタリングの契約書を読むときに気を付けるべきポイントとは

ファクタリングの契約書を読むときに気を付けるべきポイントとは

ファクタリングは、売掛債権を早期に現金化する手法ですが、お金に関わる契約というものは、思った以上に神経を使います。

今回は、ファクタリングの契約書に書いてあることの中でも、特に注意しなければならない点についてまとめてみます。

契約書は、何かトラブルがあった時の最後の砦ともいうべきものです。

必ず確認し、トラブルを未然に防ぎましょう。

1.ファクタリング契約で絶対に必要となる契約

まずは、ファクタリング契約で必ず必要となる契約について確認していきましょう。

ファクタリングは基本的に3つの契約で成り立っています。

1-1.債権譲渡契約

ファクタリングにおいて、売掛債権のやり取りをするために必須となる契約といえます。

売掛債権をファクタリング会社に譲渡すること、そしてその譲渡する際に対価がいくらであるのかといった基本的な項目を定める契約です。

1-2.債権譲渡登記代行契約

債権譲渡契約を行った場合、その売掛債権を他の企業に譲渡することは出来ません。

しかし、その売掛債権が本当に他の企業との取引に使われていないかどうかは判断できないでしょう。

そのため売掛債権が譲渡されていることを登記しておく必要があります。

この登記に関わる手続きの全てをファクタリング会社に代行してもらうことを定めた契約が、債権譲渡登記代行契約です。

※なお、弊社ではお客様のご要望があれば債権譲渡登記の留保も承りますのでご相談ください。

1-3.集金業務委託契約

3社間ファクタリングの際には、ファクタリング会社は売掛金を集金することになります。

2社間ファクタリングの際には、必ずこの契約を結ぶことになるでしょう。

2.ファクタリング契約でトラブルになりやすい項目

ファクタリング契約で最もトラブルになりやすい項目は、やはり手数料と集金スケジュールでしょう。

手数料に関しては、最初に説明を受けていたものとは違う項目や、審査などを経て割合が異なってくる業者もいるようです。

もし気になる項目があったらぜひ確認してください。

また、集金スケジュールは、むしろファクタリング会社が非常に気にかけていることでもあります。

特に2社間ファクタリングでかつ、売掛先企業に一切情報を渡したくない場合、売掛先企業は売掛金をそのまま振り込むことになるでしょう。

そのあと、ファクタリング会社にお金を振り込むという流れとなります。

つまり、お金が一度ファクタリングを申し込んだ会社に振り込まれてしまうため、一瞬ファクタリング会社にとってコントロール不能な状態となってしまうのです。

こうしたトラブルは多くなってきています。

是非ひとつずつ、項目を確認してください。

3.こんなことがあったら危険!

ファクタリング契約は、先ほどご紹介した3つの契約以上に結ぶ必要はありません。

しかしながら、ファクタリング会社によっては、他の契約を結ぶことを求めてくることがあります。

例えば、株式譲渡契約や損害賠償請求契約などがこれに当たります。

これらの契約はファクタリング契約においては全く必要ありません。

特に損害賠償請求に関する契約ですが、仮に売掛先企業が資金ショートしてしまったとしても、ファクタリングを申し込んだ会社が、その資金を弁償しなければならないことはないのです。

ファクタリング会社の審査とは、こうしたリスクを加味した審査であるため、ファクタリング契約において、申込みを行った企業の責任にはなりません。

ただし、何かしら虚偽の報告や、誤った情報をファクタリング会社に故意に伝え、その結果としてファクタリング会社に損害を与えた場合は、詐欺罪が立証されるケースがあります。

この場合は、そもそも損害賠償請求に関する契約など結ぶまでもなくファクタリング会社は損害賠償を請求できるのです。

必要のない契約を結ぶための書類が出てきたら、速やかに手続きをストップし、弁護士等にご相談ください。

まとめ

ファクタリング契約のポイントについてみてきました。

ファクタリング契約は一見すると、貸金なのかはたまた新しい金融商品なのか、よくわからなくなってしまうこともあると思います。

しかし、実際のところは、単なる売掛債権の売買契約にすぎません。

このことをよく認識すれば、事前にトラブルを回避することも出来るでしょう。

無駄な契約や不審な点があったら、ぜひ確認してみてください。

ファクタリング業者がしっかりと説明できないようであれば、その契約はあまりいい結果とならないことは間違いありません。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら