ファクタリングを多く利用している業種その2|アパレル業

ファクタリングを多く利用している業種その2|アパレル業

アパレル業界については意外にも感じるかもしれませんが、ファクタリングを利用するケースが多くなっています。

そもそもアパレル業界は売上に波があることでも知られています。

資金繰りの悪化に陥りやすい業界であるからこそ、適切な資金調達方法を利用していかなければなりません。

こちらではアパレル業界がなぜファクタリングによる資金調達を行う機会が多いのか、ということをお伝えします。

アパレル業界がファクタリングによる資金調達を行うメリットについてもお伝えします。

仕入れから現金になるまでの間隔が長くなりやすい業界である

・現金化までにどうしても時間がかかるのがアパレル業界


アパレル業界ですが、業種の特徴として「在庫」を抱えるケースが多い、というものがあります。

様々なファッション関連の商品を仕入れるわけですが、予定通りにすぐに売れるわけではありません。

中には長期間に渡り在庫として抱えてしまうものもでてくるわけです。

もちろん在庫に関してはさばく方法もあります。

利益を無視して安く売却すれば、在庫は減るかもしれません。

しかしそれでは損失が発生する恐れもあるのです。

在庫を多く抱えるということは、予定通りの売上が発生していない、ということです。

要は会社の現金が予定通りに増えていない状況となります。

さらに在庫にかかる費用も考えなければなりません。

いわゆる倉庫費用といったものも発生するわけです。

アパレル業界では仕入れてから売れるまでに数ヶ月かかることも珍しいわけではありません。

季節が変わって売れなくなる可能性もあります。

非常にリスキーな業界なのです。

そこで出番となるのがファクタリングです。

ファクタリングに関しては売上があったもののみ現金化できることになるわけですが、アパレル業界は季節ごとに仕入れを行っていかなければなりません。

前の季節の売上が悪かったり売上が発生するまで時間がかかってしまったりすれば次の季節の仕入れに響いてしまうわけです。

仕入れに響かないようにするためにファクタリングを利用するわけです。

売上分を前倒しで入金させて、次回の仕入れ費用をカバーします。

一時的に資金が枯渇しやすい業界である

・セール時期に対応しなければならない


アパレル業界では定期的にセールを行うことになります。

セールを行うことで在庫品をさばいたり、売上をいつもよりもアップさせて会社の資金を増やしたり、といったことを期待しているわけです。

しかしそのセールに関してもコストが発生してしまいます。

資金がなければセールを行うこともできません。

セールを行うためにはまずは仕入れを行わなければなりません。

その仕入れにかかる費用がまかなえない時に出番となるのがファクタリングなのです。

売掛金がある状態であれば、そちらを早期に入金させてセールの仕入れに対応させるわけです。

ちなみにセールに関しては仕入れ費用だけがかかるわけではありません。

セールの規模が大きければ、特別に人材を確保しなければならないわけです。

新たにスタッフを雇い入れることになるかもしれません。

黙っていてもお客さんはやってこないので、顧客に対する通知も必要になります。

いわゆる宣伝広告費もかかってしまうわけです。

セールの時期には現金が必要になることが多く、早期の資金調達が可能であるファクタリングが選ばれるケースが多くなっています。

アパレル業界がファクタリングを利用するメリットとは?

・継続的な出費を抑えられる


アパレル業界はセールなどの期間にはある程度の資金が必要です。

さらに季節ごとの仕入れにもまとまった資金が必要になります。

要は一定の資金を確保しておかなければならない業種なのです。

一般的な資金調達方法として借り入れがあります。

借り入れの場合は毎月返済をしなければなりません。

利用してしまうと、一定の資金を返済に回さなければなりません。

アパレル業界としては利用しにくいわけです。

ファクタリングであれば融資ではないので返済は必要ありません。

継続的な出費は発生しないのでアパレル業界として利用しやすいのです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら