【初心者必見!】ファクタリング業者選びの注意点

【初心者必見!】ファクタリング業者選びの注意点

ファクタリングで資金調達を行おうと思っている方は多いと思います。

融資よりも手続きが簡単であり、赤字であったとしても利用できる確率が非常に高い、といった特徴があるからです。

そこで知っておかなければならないのが、ファクタリング業者の選び方です。

ファクタリングを行うためには業者を選択しなければなりません。

しかし業者は数多くあり、その中から適切なところを選ばなければならないわけです。

こちらでは業者を選ぶ時に注意しなければならないことを徹底解説します。

手数料率や契約書などを中心にしてお伝えするので、ファクタリング初心者の方は必見です。

手数料率からファクタリング業者を選ぶときの注意点

・手数料率が高すぎる業者は避けること

まずはファクタリングの手数料率の相場を把握しておかなければなりません。

・2社間取引の手数料率の相場・・・10%から20%
・3社間取引の手数料率の相場・・・1%から5%

2社間取引のほうが不利な手数料率であり、3社間取引の方が手数料率は有利となっているわけです。

特に注意すべきは2社間取引です。業者の中には法外とも言えるような手数料率を設定している業者もあります。

特に20%を超えてくるような手数料率を設定してくる業者の利用は避けましょう。

そもそも手数料率が高くなればなるほど受け取る金額が少なくなってしまいます。

極端な例ですが手数料率が50%であれば、1,000万円の売掛金でも受け取れるのは500万円にすぎません。

期日まで待てば満額受け取れるものが極端に少なくなってしまう状況は避けるべきです。

・手数料率が低すぎる業者も避けること

特に2社間取引で手数料率が5%前後に設定されているのは相場からみてもかなりおかしな状況となっています。

それだけ低い手数料率だと利益がほとんど業者に入ってこないからです。

要は手数料率が極端に低い業者に関しては、別のもので利益を得ようと画策している可能性が高いわけです。

例えば、事務手数料などが数十万円かかるような設定をしてくる業者もあるのです。

事務手数料の相場は1件あたり2万円から3万円なので、数十万円といった設定は極めて高く悪徳業者と言っても過言ではありません。

手数料率が低い業者であると喜んで契約したくなるかもしれません。

しかし裏があるかもしれないので、契約書の内容などを詳しく確認してください。

・手数料率を明確にしない業者は避けること

「資金調達可能です」
「ファクタリング可能です」

審査に申し込むと、上記のことだけを告げて手数料率については一切触れない業者も報告されています。

肝心なのは手数料率がどれくらいなのか?という部分です。

どれだけの資金調達ができるのかを明確にしていない業者に関しても利用を避けてください。

肝心なのはいくら資金調達ができるのか?という部分です。

計画が進んでから「思ったよりも調達できる金額が少ない」といったことがわかったとしても、時間的な余裕がなく後戻りができない状況になってしまうかもしれません。

仮になかなか明確な手数料率や入金額を示してくれない業者に申し込んでしまった場合には、その業者は諦めて他の業者に申し込みを行いましょう。

対応を待っていても時間の無駄になってしまいます。

契約書における対応からファクタリング業者を選ぶ

・契約書を発行しない業者との取引は避けるべき

金銭のやり取りになるので、契約書は必須です。

よってファクタリングの契約前には必ず契約書を確認できるような状況にしておかなければなりません。

ファクタリング業者の中には契約書を渡してくれないところも存在しています。

そのような業者を利用しても良いことは一つもありません。

契約書を受け取れない状況が続いたら、「その業者は信頼できない」と判断して他の業者を利用するべきです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら