悪質なファクタリング業者について

悪質なファクタリング業者

最近、筋トレの効果を少しずつ 感じられる様になってきた株式会社No.1のミノリカワです。

継続は力なりデスね。(^O^)/

ハイ。今日も行きますよ~

最近、ファクタリング業者と名乗る悪質な輩が増えているようです。(;一_一)

弊社にお問い合わせを頂くお客様の中にも悪質な業者に引っ掛かってしまった

というご相談が急増しております。

その背景には貸金業法の改正により罰則が強化された為、闇金業者などが

ファクタリング業界に参入してきているようです。

そこで今日は・・・・・

悪質な業者を見分ける為の注意点を書かせて頂きます。

注意点1 ≪契約書の控えがもらえない。≫

契約を締結していても、契約書の控えを受け取っていない場合には、どのような契約内容なのかがわからなくなってしまいます。

契約書の控えがなければ、悪質業者のみが契約書を保有していることになりますので、内容が書き換えられてしまう可能性もゼロではありません。

書き換えられてしまった場合には、最初に伝えられていた内容と異なる条件で契約を締結したことになっている場合もありますので、契約書の控えは必ず受け取ってください。

注意点2 ≪業者の所在地が不明。≫

ファクタリング業者のホームページは存在するものの、ホームページに記載され ている住所にファクタリング業者の事務所が存在しない場合があります。

事務所がない場合には、その業者は間違いなく悪質業者と言えるでしょう。

注意点3 ≪手数料が異常に高い。≫

以前のブログにも書きましたが、ファクタリングとは、売掛金をファクタリング業者が買取し、現金化するサービスです。

この時に売掛金の金額に10%から20%の手数料を支払うのが一般的です。

このパーセントは、業者によって異なります。

これ以上の手数料を求められた場合には悪質業者の可能性が高いと言えます。

注意点4 ≪後出しで多額の費用を請求される。≫

費用の請求についは口頭での説明だけの場合、後出しで、多額の費用を請求してくる悪質業者も存在しております。

通常であれば、契約書が存在しておりますから、その契約書通りの請求でなければいけません。

契約書が存在していないという時点で悪質業者の可能性が高いと言えるでしょう。

上記の様な、悪質業者に引っ掛かってしまったお客様・・・・・

ご相談だけでもかまいません。

一度、弊社にお問い合わせ下さい。

必ずお力になります。

資金調達の事なら株式会社No.1まで(^_^)/


ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら