【保存版】3分でわかるファクタリング

ファクタリングとは?

ファクタリングを一言で言うと「売掛債権の現金化」です。

売掛債権とは顧客に請求書を提出して未だ入金されていない売掛金のことです。

ファクタリングをもっとわかりやすく説明すると

今日は8月1日、A社は顧客のB社に8月31日支払いの請求が1件(100万円)あります。

普通なら100万円が入金されるのは8月31日になるはずです。

ファクタリングサービスを使うと手数料はかかりますが最短で8月2日にファクタリング会社から入金してもらえます。

8月31日に顧客から入金があった金額そのままファクタリング会社にお支払いください。(2社間取引の場合)

これがファクタリングの流れです。

事業を営んでいると急に資金が必要になることは少なくありません。

銀行融資だと時間がかかるし、売掛金があるのに期日まで入金されないのはもどかしいですよね。

ファクタリングはそんな問題を一発解決してくれます。

ファクタリングの特徴

①とにかく手続きが簡単です。

   数ある資金調達方法の中でも最も手続きが簡単なもののひとつです。

   銀行などと違いめんどくさい審査もなく担保も不要です。

   ※ファクタリングは借金ではありません。

②借金ではない担保、保証人も不要

   前項にも書きましたが、借金ではありません。

   会社の情報ではなく売掛金の情報を審査します。

③売掛先には知られない(2社間取引の場合)

   売掛先には何も知られずに資金調達をすることが可能です。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングは2種類のファクタリングがあります。

「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」

簡単に言うと

2社間ファクタリング・・・お客様、ファクタリング会社
3社間ファクタリング・・・お客様、ファクタリング会社、売掛先

詳細は後の記事で説明します。

もうお気づきかと思いますが3社間は売掛先企業の承諾が必要になります。

普通に考えれば3社間は売掛先の承諾を取らないといけないし、めんどくさそうだから2社間でいいと思われる方も多いと思います。

しかし、3社間ファクタリングの最大のメリットは手数料が安いことです。

2社間ファクタリングの場合、手数料が10%から20%に対して
3社間の場合は1%から5%です。
※手数料は業界平均です。

ファクタリングをはじめる際の注意点

ファクタリングのよさは十分わかってもらえたでしょう。

ファクタリングをはじめる際に一番気をつけないといけないことがあります。

それは、「会社選び」です。

次回の記事ではファクタリング会社の選び方について書いていきます。


ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら