No.1のファクタリング~資金調達ブログ~

医療報酬債権(診療報酬債権)ファクタリングってなんだ? ファクタリングにはいくつもの種類があります。その種類の中でも注目してほしいのが「医療報酬債権(診療報酬債権)ファクタリング」です。あまり耳慣れないかもしれませんが、病院やクリニック、さらには調剤薬局や介護事業者などが利用できるタイプのファクタリングなのです。 こちらでは医療報酬債権(診療報酬債権)ファクタリングとはどういったものであるのかを明... 続きを読む

ファクタリングVS銀行融資|2つの資金調達方法を徹底比較 資金調達の方法はいくつもあります。 その中でどの方法を採用しようか悩んでいる方も多いのではありませんか? こちらでは企業の資金調達の方法である「ファクタリング」と「銀行融資」の2つの資金調達方法を比較します。 それぞれの特徴を知ることで、どちらが自社に適しているのかも見えるようになります。 より適切な資金調達を行うためにも、「比較」というも... 続きを読む

ファクタリングの仕組み|2社間取引と3社間取引の違い ファクタリングには2つのタイプの取引方法が用意されています。 多くのファクタリング業者が2つの取引方法に対応しているということもあり、どちらかを選択することになるわけです。 その2つの取引方法ですが「2社間取引」と「3社間取引」となっています。 こちらではその2社間取引と3者間取引の違いを明らかにしていきます。 実際にどのような違いがあるのでし... 続きを読む

ファクタリング 会社の選び方 優良なファクタリング 会社と付き合うことはとても重要で価値があることです。 ファクタリング を行う上で最も大切なことの1つが会社選びです。 売掛金を買い取って現金化して貰うだけだから手数料が安ければどこの会社でもいいとお考えの方もいるのではないでしょうか? 確かに、一回の取引で終わればそれでもいいでしょう。 しかし、スパンはまちまちですが、複数回継続してファクタリング... 続きを読む

ファクタリングとは? ファクタリングを一言で言うと「売掛債権の現金化」です。 売掛債権とは顧客に請求書を提出して未だ入金されていない売掛金のことです。 ファクタリングをもっとわかりやすく説明すると 今日は8月1日、A社は顧客のB社に8月31日支払いの請求が1件(100万円)あります。 普通なら100万円が入金されるのは8月31日になるはずです。 ファクタリングサービスを使うと手数料はかかりますが最... 続きを読む

急場のつなぎ資金ならファクタリング ここ最近、暑い日が続いてますね。(*_*) 食欲がなくて、あまり食べてないのにいっこうに体重が減らない株式会社No.1の「ミノリカワ」です。 今日は、つなぎ資金について書いてみたいと思います。 会社を経営していれば、事業は順調でも思わぬトラブルにより資金がショートしてしまった経験をお持ちの経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか? そういったアクシデントに備え... 続きを読む

公的融資 VS ファクタリング③ いまだに奥さんの怒りがおさまらず、どうしたら機嫌が良くなってくれるのかがまったくわからなくて、てんぱっている株式会社No.1の「ミノリカワ」です。(+_+) さて、公的融資VSファクタリングシリーズも今回で最終章です。 それでは公的融資とファクタリングの比較へ行ってみましょう。 まずは… 資金調達の可能額 【公的融資】 ・1000万円から3億円 【ファクタリング】... 続きを読む

公的融資 VS ファクタリング② 週末、奥さんを怒らせてしまい肩身が狭い思いをしていた株式会社No.1の「ミノリカワ」です。汗 さて前回は、公的融資の概要のご説明で終わってしまってましたので、 公的融資 VS ファクタリング シリーズの第二弾です。( `ー´)ノ それでは本日は、公的融資の融資額と返済期間についてから行きたいと思います。 日本政策金融公庫の融資額は、通常融資の場合は 運転資金・設備... 続きを読む

公的融資 VS ファクタリング① 昨日、深酒をしてしまい二日酔いが酷い株式会社No.1の「ミノリカワ」です。 さて今日は、公的融資とファクタリングの比較検証をしてみたいと思います。 どちらの資金調達方法が優れているのか? その答えは… どっちの資金調達方法もメリット・デメリットがありますので答えはでないと思います。(*_*) そもそも公的融資って何? という方の為にご説明致します。 簡単に言います... 続きを読む

建設業・建築業専門のファクタリング 関東地方も梅雨明けしましたね。((+_+)) 毎日麦茶入りの水筒を持ち歩いている株式会社No.1の 「ミノリカワ」です。 ハイ、今日もいきますよ~(^^♪ 本日は、建設業・建築業の「ファクタリング」についてですョ。 実は弊社にお問い合わせを頂くお客様の7割から8割は建設業・建築業のお客様なんです。 そこで・・・・・ 建設業・建築業の経営者様のご要望にお応えするべ... 続きを読む
123
電話番号 03-5956-3670 / FAX 03-5956-3671
営業時間 9:00~20:00
メール・FAXは24時間可能受付です。
Copyright c 株式会社No.1, All Rights Reserved.